サイト内検索

給食雑誌 月刊 メニューアイディア

給食雑誌 月刊 メニューアイディア

日本で唯一、栄養士・調理師必読の全給食業態向け総合月刊誌

メニューアイデア

外食市場規模は25兆円前後と低迷を続けています。中でも給食業界では、その不景気に追い討ちをかけるように外食業界とのボーダレス化により、価格的にも味覚的にも厳しい状況が続いています。その上、ポジティブリスト制が導入されるように食の安全・安心へのニーズは高く、一方で子どものキレやメタボリック症候群への有効打となるような食育情報の提供とオリジナルメニューが求められています。 本誌は日本で唯一の給食業界総合誌として、毎月これらに応える新メニューを掲載するとともに、事業所、学校、病院、シルバー、弁当業界までを網羅した業界最新情報をお伝えし、現場の栄養士・調理師はじめ食材仕入れ担当者から企業経営者、給食関連関係者まで必携の月刊誌となっています。


創刊:
昭和54年(1979年)1月
発行:
毎月、初旬に発行
体裁:
(月刊誌)A4判 70ページ前後 (増刊号)B5判 240ページ前後
主な読者:
事業所給食、医療・シルバー施設、学校給食、日配弁当事業者、食品メーカー、卸業者、行政他。
発送:
メール便による配送
購読料:
1年=本体価格12,000円+税(送料込)

バックナンバー 最新号のご案内

紙面サンプル

2019年5月号

〈外食特集〉
・農林水産省 第27回 優良外食産業表彰式典 5部門から大臣賞7社、局長賞4社の計11社を表彰
・富士産業が大臣賞、関西給食が局長賞を受賞
・外食各社のインバウンド戦略 ラグビーW杯、東京五輪をビジネスチャンスに!
・「ナイトタイムエコノミー」の“いま"を追う!
・「 日本人の食事摂取基準2020」がまとまる 策定の方向性と改定ポイント

〈インタビュー〉
・農林水産省外食産業室長 新藤光明氏 特定技能制度がスタート リーダーの素養がある人を採用
・日本食品検査専務理事 加地祥文氏 HACCP制度化は意識改革が真の狙い 求められる自己責任と柔軟指導

〈総会〉
・学流協 古川会長「食塩摂取量、マグネシウムにも配慮した推奨品の開発をめざす」
・日本栄養支援配食事業協議会 黒田会長「会員企業のプラスになる活動を」

〈連載企画〉
・北原グループによる春 初心者でも簡単に作れるツマミレシピ
・エッセイ「高齢者の見える食事風景」
・コラム「記者の目」
・食材市況(畜産・水産・野菜)


バックナンバーの見出しを見る

TOPへ

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

本社
〒110-0015 東京都台東区東上野2-1-11
サンフィールドビル8階(MAP)このリンクは別ウィンドウで開きます

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

大阪支局
〒530-0044 大阪市北区東天満1-11-15
若杉グランドビル別館(MAP)このリンクは別ウィンドウで開きます

TEL:06-6881-6851 FAX:06-6881-6859

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.