当社は1951年(昭和26年)3月1日に「株式会社食糧業界新聞社」として発足いたしました。創刊号の社告で「ともすれば、食糧業者の立場を無視した食糧政策や行政措置がとられやすい今日、われわれ業界の真の声を結集して権威あるものとすべく、業界各位のご支持を得て、ここに創刊をみるにいたりました。所期の目的を完遂するには多くの困難も予想されますが、”真面目な役に立つ食糧総合紙”として邁進いたします」と宣言いたしました。

この創業の精神を社是として受け継ぎ、1969年(昭和44年)3月1日に「株式会社食品産業新聞社」と社名を改め、新聞の題字も「食品産業新聞」と改題し、今日に至ります。21世紀に入り、社会環境の変革が急速に進んでいます。食生活の常識も激しいスピードで変容しつつあります。このような時代に、あらゆる食品の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社として、インターネット時代に相応しい改革を行い、前進を続ける決意です。

編集綱領(方針)

食品産業生販各層の健全な発展に寄与するため、公正・迅速な報道、品位と責任ある提言と的確な分析報道を行います。このため魅力的で役に立つ紙面作りを推進いたします。

経営理念

  1. 中長期計画による健全経営の確立。
  2. 協調による信頼関係の確立。
  3. 社内の活性化を図り、進取の気概と果敢な行動を展開。

会社概要 

設立 1951年(昭和26年)3月1日
本社 〒110-0015 東京都台東区東上野2-1-11サンフィールドビル8階
TEL:03-6231-6091(代表)  FAX:03-5830-1570 MAP
大阪支局 〒530-0044 大阪市北区東天満1-11-15 若杉グランドビル別館
TEL:06-6881-6851  FAX:06-6881-6859 MAP
加盟団体 社団法人 日本専門新聞協会
記者クラブ 第一国会記者会、農林記者会、経済産業省ペンクラブ、ほか業界記者クラブ

沿革

1951年 株式会社食糧業界新聞社を設立、週刊「食糧業界新聞」を創刊
1958年 日刊「大豆日報」を創刊(現「大豆油糧日報」) 大阪支局を開設
1959年 日刊「米麦日報」を創刊
1960年 日刊「畜産日報」を創刊
1967年 日刊「酒類日報」を創刊(現「酒類飲料日報」)
1969年 社名を株式会社食品産業新聞社に、「食品産業新聞」に改題 山県繁樹初代社長死去、2代目社長に斎藤忠専務就任
1971年 食品産業技術功労賞を制定
1972年 日刊「冷食日報」を創刊
1973年 「食品産業クラブ」を発足
1974年 世良弘専務が3代目社長に就任
1975年 月刊「麺業界」を創刊
1977年 月刊「米と流通」を創刊
1978年 月刊「メニューアイディア」を創刊
1983年 日刊「外食日報」を創刊
1986年 本社を浜松町から上野・池之端DSビルに移転
1994年 札幌事務所を開設(1998年閉鎖)
1995年 「食品産業新聞」を週2回発行に
1997年 石井勉専務が4代目社長に就任 「外食日報」を外食産業新聞社に移管
1999年 名古屋支局を開設(2001年大阪支局に統合)
2001年 創立50周年記念「セミナーと感謝の夕べ」を開催
2005年 牧田邦雄常務が5代目社長に就任
2006年 健康食品フリーペーパー「8080」(ハレバレ)発刊
2008年 大阪支局開設50周年記念特別講演会開催
2009年 日報5紙をB5判からA4判へリニューアル
2010年 本社を東上野・サンフィールドビルに移転
2017年 馬上直樹常務が6代目社長に就任