天丼てんや「うなとろ天丼」7月22日発売、うなぎ蒲焼きの天ぷら&十勝産とろろがのった“2024土用の丑の日”メニュー

天丼てんや「うなとろ天丼」7月22日発売
天丼てんや「うなとろ天丼」7月22日発売

天丼専門店「天丼てんや」は7月22日、「うなとろ天丼」を発売する。8月7日までの期間限定。

【関連記事】イオン「土用の丑の日」商品販売開始、「トップバリュ グリーンアイナチュラル 鹿児島県産うなぎ蒲焼」などのほか、うなぎの代替商品やうなぎ以外の「丑の日」商品も提案

2024年の土用の丑の日である、7月24日の一の丑と、8月5日の二の丑を含む夏の土用期間にあわせて販売するメニュー。一部を除く国内の店舗で提供する。

「うなとろ天丼」は、フワフワな身と香ばしい香りが特徴の「うなぎ蒲焼きの天ぷら」3枚と、さっぱりとした味わいの「北海道十勝産とろろ」を合わせた、“暑い季節にピッタリ”な天丼。

「うなぎ天」は、うなぎ蒲焼きをころもで纏いサクッっと揚げており、フワフワな身の食感と香ばしいたれの香りが口いっぱいに広がるという。「北海道十勝産とろろ」は、つるりとしたのどごしの良さとひんやりとした味わいが特徴で、組み合わさることで夏の暑さを吹き飛ばす味わいに仕上げている。天丼てんや自慢の甘辛たれには隠し味として「うなぎのエキス」を使用しているため、うなぎとの相性も良いという。

価格は、「うなとろ天丼(みそ汁付)」が1,080円(以下税込)。「うなとろ天丼 小そばセット」が1,360円。テイクアウトも可能で、テイクアウト商品「うなとろ天丼弁当(お新香付)」は1,080円。弁当のとろろは別添え提供で、みそ汁は付かない。

うなとろ天丼など「土用の丑の日限定商品」の販売を行わない店舗は、新千歳空港店、けやきウォーク前橋店、上里SA店、羽田空港第1ターミナル店、羽田空港第2ターミナル店、未来ダイニング 文京グリーンコート店、富士川SA店、刈谷ハイウェイオアシス近鉄パークハウス店。

媒体情報

食品産業新聞

時代をリードする食品の総合紙

食品産業新聞

食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。

創刊:
昭和26年(1951年)3月1日
発行:
昭和26年(1951年)3月1日
体裁:
ブランケット版 8~16ページ
主な読者:
食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送
購読料:
3ヵ月=本体価格12,000円+税6ヵ月=本体価格23,000円+税1年=本体価格44,000円+税