ヤクルト本社は来年1月29日、「ヤクルトのおいしいはっ酵果実」(125ml紙容器・140円)を全国発売する。同社初の、乳原料を使用しない“乳酸菌はっ酵果汁飲料”。

2015年2月から首都圏の一部地域で販売開始し、現在は首都圏全域と東海地域の一部で販売している商品を、今回、供給数量の拡大が可能となったことから、全国で販売開始する。同社が保有する微生物の中から、風味が良く、果汁等の植物素材に対して発酵性が良い乳酸菌「L.プランタルム YIT 0132」で発酵させたもの。香料を使用せず、みかん果汁に乳酸菌の発酵による清涼感をプラスした、甘酸っぱく、爽やかな風味。特定原材料7品目と表示が推奨されている原材料20品目を使用せず、乳アレルギーの人などでも飲用できる。

販売チャネルはヤクルトレディによる訪問販売で、2018年1~3月の販売目標は17.2万c/s。

〈酒類飲料日報2017年12月11日付より〉