UCC上島珈琲は、小型PETコーヒー飲料市場への本格参入を目的に、「UCC群馬工場」(群馬県伊勢崎市)を新設し、12月18日から稼働すると発表した。設備投資金額は約70億円。

小型(600ml以下)PETコーヒー飲料は、直近5年間で市場規模が1.5倍に急伸し、16年度は3020万箱となった。今年は「クラフトボス」(サントリー食品)などの新製品が人気で、より市場は活性化している。

一方、ユーザーは昨今のコーヒーブームを背景に、新鮮な香り高いレギュラーコーヒーの味覚を、小型PETコーヒーにも求める傾向にあることから、同社はPET飲料製品の製造工場「UCC群馬工場」の新設を進め、このほど全ての設備が完成したという。年間製造能力は約1300万箱。

これにより、UCCはPET飲料製品の製造において、「UCC滋賀工場」との東西2拠点体制を確立した。コーヒー専業メーカーならではの、差別化できる味と香りを実現した製品で、小型PETコーヒー飲料市場への本格参入を図る。

「UCC群馬工場」は、業界最速の生産能力を有しているほか、新鮮な香りを引き出す新製法「UCC冷香仕込み(れいこうじこみ)」の導入や「赤城山系の天然水」100%使用などが特徴。「冷香仕込み」とは、レギュラーコーヒーを100%使用し、粉砕後はマイナス2℃の低温管理を徹底。粉砕後12時間以内に「COLD BREW(低温水出し抽出)」でドリップするもの。挽きたて淹れたてのレギュラーコーヒーのおいしさを小型PETに詰めた画期的な製法で成長カテゴリーに挑む考えだ。

【UCC群馬工場の概略】
▽所在地=群馬県伊勢崎市北千木町1410-1
▽敷地面積=1万9466平方m(建屋延べ面積2万9535平方m)
▽製造品目=コーヒー、紅茶、お茶など
▽ライン数=1ライン(PET)
▽生産能力=大型PET550bpm、小型PET720bpm
▽従業員数=72名

〈酒類飲料日報2017年12月18日付より〉