清涼飲料記者会は13日、2017年清涼飲料業界10大ニュースを以下の通り決定した。

①7月過去最高も、8月以降の天候不順などが影響し生産量ほぼ前年並み

②新コンセプトのPETコーヒー飲料がヒット

③東西ボトラーが統合、コカ・コーラボトラーズジャパン誕生

④無糖茶飲料が堅調。麦茶、ほうじ茶の動き目立ち、機能性表示食品も底上げに貢献

⑤自販機の総消費電力量61。2%削減(2016年/2005年比)。付加価値サービスも多様化

⑥トマトジュースやスムージーがけん引し野菜飲料が伸長

⑦食品ロス削減を目指し、賞味期限「年月表示」への流れ加速

⑧フレーバーウォーターなど透明な飲料の多様化で売場拡大

⑨原料原産地表示制度が9月1日スタート(猶予期限2022年3月)

⑩全清飲、定款変更。新名称は「全国清涼飲料連合会」

(次点)「シャンメリー」、クリスマスに加えハロウィンでも売場創出。

〈食品産業新聞2017年12月25日付より〉