サントリー食品インターナショナルは、セブン&アイ・ホールディングスと共同開発した、ダブルブランドの缶コーヒー『セブンプレミアム×サントリーBOSS「セブンズボス オリジナル」』(185g缶、税込100円)と『同「セブンズボス 微糖」』(同)、そして、ダブルブランドのボトル缶コーヒー『セブンプレミアム×サントリーBOSS「セブンズボス ブラック」』(390gボトル缶/税込127円、285g缶/税込118円)を、全国のセブン-イレブンの店舗(20600店舗・9月末現在)で10月16日から発売する。各地域に合わせた味わいを目指した結果、全20種類の展開となる。
「セブンズボス ブラック」

「セブンズボス ブラック」

缶コーヒー「セブンズボス オリジナル」と「同 微糖」は、「地域密着」「近くて便利」を掲げるセブン&アイとともに、各地域の缶コーヒーヘビーユーザーとの絆をこれまで以上に深めていきたいという想いのもと、全国7地域の嗜好に合った中味設計を行なった共同開発商品という。両社がこれまで培ってきた知見を活かし、全国7地域の缶コーヒーの嗜好性を徹底的に分析し、地域ごとの多種多様な嗜好に応える7つの味わいを実現した。

ボトル缶コーヒー「セブンズボス ブラック」は、コーヒー豆の粉砕から抽出までを7時間以内で行う工程で作り上げた本格的なブラックコーヒー。ブラックコーヒーも地域による嗜好性があるため、きめ細やかな焙煎度合いの設定などにより、3つのタイプの味わいに仕上げ、異なる嗜好に対応しているという。

なお、「ボス」がセブン-イレブンとタッグを組むのは、14年の「ワールドセブンブレンド」以来となる。

“7つの地域、7つの味”「セブンズボス オリジナル」「同 微糖」中味特長
発売地域 「セブンズボス オリジナル」 「セブンズボス 微糖」
北海道 マイルドなコーヒーとほどよいミルクの甘さ ほろ苦いコーヒーとほどよいミルクの甘さ
東北 ロースティなコーヒーとマイルドなミルクの甘さ ロースティなコーヒーが香るほろ苦い味わい
関東・甲信越 ロースティな香りと力強いコーヒーの味わい ロースティな香りと力強いコーヒーの味わい
東海・北陸 華やかなコーヒーの香りと豊かなミルクのコク ロースティなコーヒーとミルクのすっきりとした味わい
関西 フルーティなコーヒーの香りとミルクのマイルドな味わい 香ばしいコーヒーの香りとほろ苦い味わい
中国・四国 香ばしいコーヒーの香りとほどよいミルクの甘さ コーヒーの香りとミルクの絶妙なバランス
九州 コーヒーの香りとミルクの絶妙なバランス マイルドなコーヒーとほどよいミルクの甘さ
ボトル缶コーヒー「セブンズボス ブラック」中味特長
発売地域 「セブンズボス ブラック」
北海道、東北、関東・甲信越 “ビタータイプ”深煎りの香りと苦味で、しっかりとした飲みごたえが楽しめるブラック
東海・北陸、関西 “バランスタイプ”コクと飲みやすさを両立した、バランスの良いブラック
中国・四国、九州 “マイルドタイプ”華やかな香りとクリアな味わいで、すっきりと飲みやすいブラック