キリンビバレッジは5月1日出荷分から、一部商品の価格改定を実施する。対象は915ml以上のペットボトル容器商品(ただし「ボルヴィック」・特定保健用食品・業務用専用商品および流通取組み商品を除く)、税抜き価格で1本あたり20円の値上げ。

改定について同社は、「近年、清涼飲料業界においては、原材料価格の高騰などが続いている。そのような中で、安全で高品質な商品をお届けするために、各種コストの上昇分を吸収すべく、生産性の向上、物流効率の改善、諸費用削減など経営の効率化に努めてきた。しかし、この先も自助努力だけで各種コストの上昇分を吸収することが困難な状況と判断し、やむを得ず一部商品の製品出荷価格およびメーカー希望小売価格を改定する」としている。

〈酒類飲料日報 2019年1月29日付〉