UCCグループで外食事業を担当するユーシーシーフードサービスシステムズは、主力業態の「上島珈琲店」(111店)の直営店(88店)で、2月1日からPayPay、Alipay、WeChatPayを皮切りに、LINE Pay、d払い、楽天ペイ(アプリ決済)の6つのQRコード決済の利用を順次可能にしていく。6つのQRコード決済を順次導入するのは、日本のカフェチェーンでは、上島珈琲店が初となる。

これは、日本国内でキャッシュレス化への気運が高まり、様々なキャッシュレス決済サービスが生まれ、支払い方法の多様化が進んでいることが背景にある。同社は、「お客様のさらなる利便性の向上を目指す」としている。

また、同社は「上島珈琲店 大手町フィナンシャルシティ店」を、同日から完全キャッシュレス化(非現金化)店舗にしている。同店舗はもともと、交通系ICカードなどでの決済が約50%あり、「上島珈琲店」の中で最もキャッシュレス決済が多かったことで踏み切ったという。

それに伴い、同店舗では、待ち時間なく購入できる利便性向上と店舗オペレーションの効率化を目的に、Showcase Gig社が提供する事前注文決済サービス「O:der(オーダー)」を導入する。利用客は、来店前にアプリから事前に注文と決済を済ませることで、店頭で並ばずにキャッシュレスで商品を受け取ることが可能になるとしている。