「働く女性や育児など家事で忙しい女性を、贅沢な癒しのコーヒーで応援したい」。コーヒー鑑定士の資格を持つキーコーヒーの小笹明子さんは、そんな思いから自分と同世代の女性をターゲットにした商品「ドリップ オン アロマポケット」(3月1日発売)を開発したという。

ラインアップは、「ドリップ オン アロマポケット コーヒーで感じる芳醇ベリー」と「同 コーヒーで感じる大人ショコラ」の2アイテム。コーヒー鑑定士(全日本コーヒー商工組合連合会認定)は日本に約30人しかおらず、しかも女性はその10分の1というまれな存在だ。

なぜ、コーヒーのメインユーザーの中高年でなく、30代以下の女性をターゲットにしたのか。それは、家庭用のレギュラーコーヒー製品の中で約4割を占めるほどまで拡大してきた簡易抽出(ドリップ)タイプではあるが、実は30代以下の飲用杯数が落ちているという現実に着目したためという。

「これまでの簡易抽出タイプのコーヒー製品では、20~30代にアプローチしきれませんでした。そこで、新商品は、焙煎したコーヒー豆に含まれるさまざまな香気の中でもベリーとチョコレート系の2つの香りに焦点を当て、配合と焙煎を駆使して香りのイメージがしやすいものにしています。また、パッケージも色とデザインをこれまでと大きく変えて女性が手に取りやすいものにしました。3袋入りで、箱も小さくしています。女性の方の気分転換に飲んでもらえたら嬉しいです」(小笹さん)。

女性鑑定士による女性のためのコーヒー。無香料なのに確かに感じる2種類の香りは、コーヒーの新たな可能性を感じさせてくれる逸品といえそうだ。