1972年の発売から48年目を迎えるロングセラー缶コーヒー「ポッカコーヒー オリジナル」(190g缶/115円税別)、「ポッカコーヒー 厳選微糖」(185g缶/115円税別)が、中味もデザインも進化し、3月4日から発売される。

ポッカサッポロフード&ビバレッジの「ポッカコーヒー」(1999年に「ポッカコーヒー オリジナル」へ商品名を変更)は、缶コーヒー市場でパイオニア的な存在。今年で48年目を迎え、“顔缶”の愛称で親しまれている男性の顔のイラストが描かれた缶パッケージや、コーヒー感と甘みのバランスのとれた味わいが楽しめることから、多くファンに支持されている。
リニューアル後の「オリジナル」と「厳選微糖」

リニューアル後の「オリジナル」と「厳選微糖」

今春のリニューアルでは、両製品ともコーヒー豆の配合量を従来より10%増量し、コク、キレ、香りをアップ。デザインは、90年代の“顔缶”デザインに、消費者が強い印象やなじみを持っていることがわかったため、90年代をベースに現代的にアップデートしたという。劇画風からソフトなタッチになっていることが印象深い。
 
イラストの変遷は、先端がカールした長いもみあげが特徴の初期のころから、87年にはもみあげを短くカット。さらに92年には短髪にし、表情と変化をしながら、口元やあごのラインをすっきりと今風に変わってきているという。
 
なお、男性のモデルについて同社は、「“こういう男性に飲んでほしい”という思いも込めたデザインであり、モデルは特にいません」としている。

「ポッカコーヒー」パッケージ変遷の概要

「ポッカコーヒー」パッケージ変遷の概要