サントリー食品インターナショナルは、飲料用ペットボトルに植物由来原料を100%使用したキャップを今年3月から世界で初めて導入する。これは、バイオ素材活用での環境への取り組みを進化させるもので、2019年3月より九州熊本工場において「サントリー 阿蘇の天然水」(550ml手売り・自動販売機用)で主原料であるエチレンを100%植物由来化したポリエチレンキャップの導入を開始するもの(年間約150万ケース分を想定)。

これにより、現行ペットボトルキャップに比べて、石油由来原料の使用量を約90%、CO2排出量を約56%削減(550mlペットボトルキャップ1個あたり)することが可能になるという。今後、他のサントリー天然水ブランドにも順次導入していく。

サントリーグループは、容器を取り巻く環境対策として、これまで国産最軽量のペットボトルの導入や国産最薄の商品ラベルを実用化(いずれも導入時点)、さらには植物由来原料を30%使用したペットボトルの導入などに取り組んでいた。なお、今年2月下旬の製造分からは、「サントリー天然水」ブランド全商品のダンボール包材で、FSC認証紙使用率100%を達成している。

同社担当者は、「2016年に世界初となる植物由来原料30%のキャップを導入しましたが、今回植物由来原料100%使用したキャップを導入することで、さらに環境負荷低減に貢献していきます。なお、天然水550mlのボトルは現在植物由来原料を30%使用していますが、2023年には植物由来原料100%使用ボトルの実現を目指しています」としている。

※FSC(森林管理協議会)=責任ある森林管理を普及させることを目的とする国際的な非営利団体。