大塚製薬は、健康飲料「ポカリスエット」の新CM『母娘の揺れる想い』篇、『真夏のカーリング』篇、『プールでテニス』篇、『恋のささやき』篇を6月8日から全国で放映開始する。

「ポカリ、のまなきゃ。」シリーズCMの第11弾。女優の吉田羊さん・鈴木梨央さんを母娘役として引き続き起用する。大塚製薬によると、新CMのテーマは、「夏の陽気さによって、コドモになっていくオトナと、ちょっとずつオトナになっていくコドモ。そんな変わっていく二人の関係と、変わらない愛情」。吉田羊さんと鈴木梨央さんが、平成を代表するZARDの名曲「揺れる想い」をカバーし、見事なハーモニーを披露する。同曲のポカリスエットCMでの使用は26年ぶり。

「揺れる想い」は1993年にポカリスエットのCMに採用され、ポカリスエットの盛り上げの一役を担ったCMソング。ZARD・坂井泉水さんはポカリスエットが体に染み渡るイメージも込めた「体じゅう感じて」という言葉を特に大切にしていたという。

今や夏の定番曲ともなった「揺れる想い」だが、14歳(平成17年生まれ)の鈴木梨央さんは、撮影まで「揺れる想い」を聞いたことがなかったという。撮影後のインタビューで、「26年前なんて最近だからな!」などと語る吉田羊さんに、鈴木さんは「14年でも結構長いなって思うのに?」と驚いていたという。


大塚製薬サイトのCMギャラリーでは、新CM4篇のほか、4分を超える尺で吉田羊さんと鈴木梨央さんが熱唱する動画、「揺れる想い」フルバージョンを公開している。

◆大塚製薬CMギャラリー=https://www.otsuka.co.jp/adv/