食品の加工処理機器や紙容器充填包装システムの大手サプライヤー、日本テトラパックは、セブン&アイ・ホールディングスの協力を得て、IoTを活用した飲料用紙容器の回収ボックス“楽★リサ(Tano★Risa)”の実証実験(国内業界初)を6月から開始し、紙容器のリサイクル促進に注力する。

使用済みの紙容器をボックスに投入すると、スマートフォン上にポイントが貯まる最新式の資源回収システムで、消費者は自分のリサイクル実績を把握することができ、モチベーションの維持・向上につながる仕組みとなっている。

システムを開発したオイスター・エーブル社の本社がある韓国では、100件以上の導入実績があり、日本での導入に際しては同社と日本テトラパックが、紙容器のリサイクルを「義務感」から「楽しい」ものへと発想転換し、継続的に参加してもらえるような特別アプリを開発した。洗って開いて乾かした飲料用紙容器をボックスの中に投入すると、スマートフォンのアプリ上で森林が育っていく様子や、可愛い動物がでてくる設定になっている。

この「楽しくリサイクル」を紹介するデモンストレーションとしては、セブン&アイHDの6月の「環境月間イベント」に参加し、6月21~23日にイトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店、6月29日にイトーヨーカドーアリオ葛西店でプロモーションイベントを開催。実店舗展開のための課題検証の場にもしていく。セブン&アイHDの藤乗照幸総務部渉外オフィサーは、「客のリサイクル実績を把握できる、今までにない大変興味深い回収システム」とコメントしている。

「IoTを活用した施策を通し、リサイクルに対する消費者の意識を高め、継続的な取り組みを促進していくことは、未来(環境)を守ることにつながると確信している」(日本テトラパック・金井路也サーキュラーエコノミーマネージャー)。