〈サッカー・堂安律選手、マラソン・大迫傑選手がCMに登場〉
コカ・コーラシステムは、スポーツ飲料ブランド「アクエリアス」のサマーキャンペーンを全国でスタート、サッカー堂安律選手やマラソンの大迫傑選手が登場する新TVCM「全力って、おいしい。ボールをつなぐ」篇・「全力って、おいしい。たすきをつなぐ」篇(各15秒)を6月17日から全国で放映開始した。

「アクエリアス」のサマーキャンペーンでは、“仲間とチャレンジして熱くなれ。そのときアクエリアスが最高においしい!”をキーメッセージに、東京2020オリンピック聖火ランナーを公募する“#アクエリチャレンジ”キャンペーンとしてCM放映などの活動を展開するほか、【「アクエリアス」500g缶聖火リレーグループランナー募集告知デザイン】(税別134円)を、一部地域(長野、富山、石川、福井)を除いて同日から発売している。
「アクエリアス」500g缶聖火リレーグループランナー募集告知デザイン

「アクエリアス」500g缶聖火リレーグループランナー募集告知デザイン

東京2020オリンピックが来年に迫る中、「アクエリアス」は「オリンピック競技のスポーツを自分もやってみたい」、「仲間と一緒にオリンピックを楽しみたい」という気持ちに応え、チームで熱く、そして楽しくスポーツに挑戦できる“#アクエリチャレンジ”キャンペーンを展開する。
 
〈東京2020オリンピック聖火リレーを仲間と走れるチャンス〉
“#アクエリチャレンジ”では、応募したグループの中から東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーを推薦する。
 
“#アクエリチャレンジ”特設サイトでは、東京2020オリンピックで実施される全33競技にちなんだ33種類のチャレンジの内容を公開している。仲間とノーバウンドでボレーパスをつないでゴールを目指す「ノーバンボレーリレー」(サッカー)や、トラックやロードで走る距離を仲間と自由に分割し、リレーし、オリンピック記録に挑む「ブレイクレコードリレー」(陸上競技)など。
 
その中から好きなチャレンジを選んで、10人以内のチームで挑戦した動画を撮影、Twitterに「#アクエリチャレンジ」と「走りたい都道府県名(#東京など)」の2つのハッシュタグを付けて投稿すると、東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーの枠に応募できる。
 
投稿された動画は堂安律選手、大迫傑選手、森星さんなどを含む「#アクエリチャレンジ審査団」が審査し、東京2020組織委員会に推薦するグループランナー候補を選出する。審査基準は「仲間と全力で、熱くなって楽しんでいるか」。チャレンジの成功・失敗は関係なく、仲間と熱く全力で楽しんでいるグループが選ばれる。推薦されたグループランナー候補者は、東京2020組織委員会の選考を受け、当選グループランナーが決定する。
 
なお、新CM「全力って、おいしい。ボールをつなぐ」篇には、堂安律選手が登場。同選手が活躍中のオランダで“#アクエリチャレンジ”の「ノーバンボレーリレー」に挑戦し、ボールを水路に落とさずチームメイトとパスをつなぐ姿を描く。また、「全力って、おいしい。たすきをつなぐ」篇には、大迫傑選手が登場。9人の仲間とチームになり男子10000m走のオリンピック記録に挑んでいる。
 
◆“#アクエリチャレンジ”特設サイト=https://www.aquarius-sports.jp/2019/challenge/