キリンビバレッジは10月25日、紅茶飲料のトップブランドである「キリン 午後の紅茶」の2019年1~9月までの累計販売数量が、過去最高の3,963万ケース(前年比109%)となり、好調に推移していることから、年間販売目標を当初の5,260万ケースから5,400万ケースに上方修正すると発表した。

日本紅茶協会によると、2019年8月末時点での紅茶葉の年間輸入量は、前年比108.6%で推移し1万761トンとなった。昨今、タピオカミルクティーをはじめとする紅茶専門店の拡大や、無糖・微糖・ティーソーダやフルーツティーなど、紅茶のバラエティーが増えたことでさまざまな紅茶の楽しみ方が広がっている。

また、9月までの紅茶飲料市場は、前年比117%で推移し、大きく伸長している。これは上半期に紅茶飲料の新商品が多く発売されたことにより、他カテゴリーから紅茶飲料への流入が見られたため、全ての年代での購入率が拡大したことが大きい。その中でも「午後の紅茶」ブランドは、特に高い購入率(前年比107%)で市場を牽引している。

「午後の紅茶」の好調背景には、基盤商品(ストレートティー/ミルクティー/レモンティー)の堅調が大きく、“紅茶派”を掘り起こすテレビ広告に加え、さまざまなデジタル施策も実施したことで“紅茶派”が広がっていることが大きい。

また、3月に新発売した微糖ミルクティーの「ザ・マイスターズ ミルクティー」が、10月中旬に累計販売本数5,500万本を突破するなど好調だったことと、本格無糖紅茶として展開する「おいしい無糖」が、食卓の定番メニューであるカレーとの食べ合わせをテレビCMや店頭POP、プロモーションでも訴求したことで、1~9月の累計販売数量が前年比119%となったことも貢献している。
「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」

「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」