〈レギュラーコーヒー「森彦の時間」の発売を記念〉
北海道・札幌の人気珈琲店「森彦」を、東京で体験できるイベントが開催されている。これは、味の素AGF社が、アトリエ・モリヒコとの協働により開発したレギュラーコーヒー「森彦の時間」の発売を記念したイベントで、最小文化複合施設「HAGISO」とコラボレーションした期間限定のカフェとして、「カフェ 森彦の時間」を11月14日から11月17日までオープンしているもの。

「HAGISO」は築60年の木造アパートを改修し、カフェ、ギャラリー、レンタルスペースなどを有しており、そのこだわりや佇まいから、北海道札幌の路地裏にひっそりとたたずむ珈琲店「森彦」の独特の世界観を東京にいながら体験できる。そして、「カフェ 森彦の時間」は、「森彦」本店で使用されているオブジェなども持ち込まれており、アトリエ・モリヒコの市川草介代表が「空気感まで同じ」と話すほどの仕上がりとなった。

その空間の中で提供されるコーヒーは、今年9月に発売された「森彦の時間 森彦ブレンド」、「森彦の時間 マイルドブレンド」「森彦の時間 アフリカン・ムーンブレンド」の3種類。また、「森彦」本店で人気の北海道フードの提供も行っている。
「カフェ 森彦の時間」店内には「森彦」本店で使用されているオブジェも

「カフェ 森彦の時間」店内には「森彦」本店で使用されているオブジェも

味の素AGFの品田英明社長はオープン初日の14日、「レギュラーコーヒー“森彦の時間”は大変好評で、秋に発売した新製品の中でもトップクラスの売り上げだ。札幌を中心としたカフェなので、他地域の方にもぜひ“森彦”の世界観を味わっていただく機会になれば」と話した。
 
アトリエ・モリヒコの市川代表は、「本店がオープンしてから23年が経つが、ローカルカルチャーが見直されるとともに、体験が価値を持つ時代になったと感じている。この店舗で過ごす時間を味わっていただきたい」としている。

左=味の素AGF 品田英明社長、右=アトリエ・モリヒコ 市川草介代表

左=味の素AGF 品田英明社長、右=アトリエ・モリヒコ 市川草介代表

【「カフェ 森彦の時間」実施概要】
◆営業日時

11月14日(木) 14:30~19:00
11月15日(金)~11月16日(土) 12:00~21:00
11月17日(日) 12:00~18:00
 
◆場所
HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25、JR山手線・日暮里駅北改札・西口より徒歩5分、地下鉄千代田線・千駄木駅・2番出口より徒歩5分)
 
◆メニュー
〈コーヒー(ホットのみ)〉

「森彦の時間」森彦ブレンド、マイルドブレンド、アフリカン・ムーンブレンド 各300円(税込)
 
〈フード〉
・半熟玉子のキーマカレー 880円+税
・木の子と腰塚コーンビーフのタルティーヌ 690円+税
 
〈デザート〉
・ガトーフロマージュ 500円+税
・森雫のパフェ 810円+税