コカ・コーラシステムは、日本の天然水を使用したナチュラルミネラルウォーターブランド 「い・ろ・は・す」から、 100%リサイクルペット素材を用いた「い・ろ・は・す 天然水 100%リサイクルペットボトル」(555mlPET/120円税別)を3月9日から全国発売する。

これは、使用済みペットボトルを回収し、また新たなペットボトルへ生まれ変わらせる“ボトルtoボトル(BtoB)”の技術によるもの。このBtoBが加速すれば何度もボトルとして再利用することができるため、容器の利便性を享受しながら、新たに天然資源を採掘する必要がなくなり、環境負荷を大幅に減らすことが可能となる。

今回の取り組みで、石油から新規に製造されるプラスチックの使用量を、年間で「およそ自動車4,000台分の重さ相当」(自動車1台を1トンで換算)削減できる。また、CO2排出量は、石油由来100%のペットボトルと比較し、1本あたり49%削減できる。
ペットボトル1本あたりCO2排出量を49%削減(日本コカ・コーラ資料)

ペットボトル1本あたりCO2排出量を49%削減(日本コカ・コーラ資料)

「い・ろ・は・す 天然水」は、これまでボトルの30%にリサイクルペット素材を使用していたが、今回の導入にあたり、従来のリサイクルペット素材のボトルより透明度を高める技術を開発できたことと、パートナー企業の協力でボトルの量産が可能になり、リサイクルペット素材を100%用いた製品の展開に踏み切ったという。「い・ろ・は・す」を選ぶだけでエコな活動に貢献できることを訴求したい考えだ。
 
3月3日にライブ配信で行われた同製品の発表会で、日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長は、「当社製品における大きな一歩となる取り組みだ。日本におけるプラスチック製品におけるペットボトル割合は、全体(978万トン)の6%で、そのペットボトルは日本の優れた回収システムにより、少なくとも98%以上が回収され、84.8%がリサイクルされている。米国(41.8%)、欧州(20.9%)に比べて高い数字である」などと述べた。

ライブ配信で行われた製品発表会に登場した日本コカ・コーラ ホルヘ・ガルドゥニョ社長

ライブ配信で行われた製品発表会に登場した日本コカ・コーラ ホルヘ・ガルドゥニョ社長

ホルヘ・ガルドゥニョ社長によると、ペットボトルは利便性が高いだけでなく、他のプラスチックごみと異なり、適切に回収すれば最もリサイクルに適した資源のひとつとなるという。日本コカ・コーラは“容器の2030年ビジョン”を掲げている。その活動の一環で推進する“ボトルtoボトル”の割合は、2018年に17%だったが、2019年には21%まで上昇。これを2030年までに90%まで向上させることを目指し、今回、業界に先駆け、国内最大規模で展開する。
 
ホルヘ・ガルドゥニョ社長は「廃棄物ゼロ社会の実現に向け、ますます取り組みを強化していくための新たな一歩となるだろう」と話すとともに、他のブランドにおける100%リサイクルペット容器の展開も視野に入れていることを明らかにした。
 
ライブ配信には、「い・ろ・は・す」ブランドアンバサダーの土屋太鳳さんも100%再生素材の衣装で登場し、「100%リサイクルペットになり、ますます多くの人に選んでもらえる“い・ろ・は・す”になりました。ペットボトルをこれまで以上に資源として扱って、エコアクションを一緒にしていきましょう」と語った。

土屋太鳳さん出演「い・ろ・は・す 天然水」新CM「100%が世界を変える!」篇

土屋太鳳さん出演「い・ろ・は・す 天然水」新CM「100%が世界を変える!」篇