エルビーが昨年10月から発売している「“ちょっと濃いめの”ばあちゃんの赤しそドリンク」(900ml口栓付き紙パック/198円税別)が、同社の予想を上回る売れ行きとなっている。

同社は紙パックチルド無糖茶の大手メーカーで、コンビニエンスストアの売上を大きく占めているが、最近では量販店やスーパーマーケットの販売強化や、お茶以外の品揃えの強化に取り組んでおり、その中でヒットしたのが同商品だ。なお、小型サイズで「ばあちゃんの赤しそドリンク」(200ml紙パック/100円税別)もある。現在、「ばあちゃんの赤しそドリンク」シリーズは、想定以上の出荷で、より注力していこうという段階だ。

同商品は、赤しそエキス使用で梅酢入り。はちみつ入りでほのかな甘酸っぱさが特徴だ(人工甘味料不使用)。東北出身の開発担当者が、小さい頃におばあちゃんに作ってもらった“しそジュース”をイメージし、手軽に懐かしんで飲んでもらいたいという思いから誕生したという。

大容量の「“ちょっと濃いめの”ばあちゃんの赤しそドリンク」は、濃いめに仕上げていることから、そのまま飲むだけでなく、水や炭酸水、焼酎などの酒類と割って飲まれるケースがあるようだ。同社担当者は、同商品の人気について、「“しそドリンク”は、健康的で昔から長く愛されていますが、RTD商品としては、ありそうでなかったことが大きいと思います。人気の飲み方は、牛乳で2対1の割合で割ったもので、きれいなピンク色になることから女性に人気です」と話す。

※RTD=Ready To Drink。フタを開ければそのまま飲める缶やペットボトル入りの飲料。

どこか懐かしい、しその香りのドリンク。過去にしそジュースの飲用経験のある30代以上が支持しているようだ。