〈環境省協力で動画作成〉
一般社団法人全国清涼飲料連合会(全清飲)は3月30日、資源循環を進める環境省の協力を得て、「ご存じですか?使い終わったペットボトルが様々な形で利用されていること」(2分39秒)を作成し、ホームページ並びにYouTubeで公開した。会員社や関係団体だけでなく、行政や自治体でも動画を活用してもらう予定という。

全清飲は、2018年11月29日に「清涼飲料業界プラスチック資源循環戦略」として2030年度までにペットボトルの100%有効利用を宣言し、生活者、政府、自治体、関係団体などと連携しながら清涼飲料業界一丸となって積極的に取り組んでいる。

今回の動画作成について、全清飲は「100%有効利用のためには、ペットボトル飲料の利用者をご愛飲いただいているお客様に、飲み終わった後は正しく分別して排出していただくご協力が不可欠です。そのためには飲み終わったペットボトルが、回収した後どのようなものに再利用されているのかを知っていただくことが重要だと考えました」とする。

会員社の清涼飲料メーカーでも、自社ホームページで今回作成された動画を紹介する動きが出ており、アサヒ飲料ではこのほど刷新した同社環境サイトに動画を掲載している。各社の工場見学などでも活用されそうだ。

発表された動画の概要は以下の通り。

◆タイトル
「ご存じですか?使い終わったペットボトルが様々な形で利用されていること」

◆目的
ペットボトル100%有効利用を促進するための社会啓発

◆内容
使い終わったペットボトルがさまざまな形で利用されていることをお伝えし、正しく分別排出することの意義を実践していただく

◆対象者
ペットボトル飲料をご愛飲いただいている全てのお客様

◆構成内容
〈1〉ペットボトルは、なぜ分けて回収されているのか?
〈2〉ペットボトルは、分けて回収することで様々なものに再利用されており、有効利用率は98%です
〈3〉残りの2%もほとんどが回収され、ポイ捨てはごく一部ですが、資源としては使えていません
〈4〉残り2%も使っていくためには、分けて集めることが大切です。清涼飲料業界はペットボトルの100%有効利用を目指しています

◆動画視聴=「ご存じですか?使い終わったペットボトルが様々な形で利用されていること」
https://www.youtube.com/watch?v=5qhDHdNqImg