コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、自社ホームページ内で新型コロナウイルス感染対応の特設ページ「Together! 今日も、待っていてくれる人がいる」を開設した。

通常時は新製品などを紹介しているサイトトップ画面も変更して、特設ページの紹介を大々的に行っている。内容は、小売店や飲食店などの事業者向けとなっており、テレワークや学校休校などを鑑みた営業サービスに関するもの(ケース販売での需要増加への対応プランの紹介など)や、外出自粛要請が続く中での自宅でのエクササイズ啓発(同社ラグビー部「レッドスパークス」制作)などを掲載している。
「コカ・コーラレッドスパークス ラグビー部 自宅でも簡単に実践できるトレーニング」イメージ

「コカ・コーラレッドスパークス ラグビー部 自宅でも簡単に実践できるトレーニング」イメージ

 
そして、注目は「政府・自治体からのお知らせ」を掲載していることだ。新型コロナウイルス感染症対策情報のリンク先を貼って、企業向けの支援対策を紹介している。1都2府35県で展開する同社のエリア内を対象に、4月20日時点では、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・岐阜県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県と、内閣官房の情報がリンクで貼られている。
 
コカ・コーラ ボトラーズジャパンの担当者は、今回の取り組みについて、「自治体の方などへ掲載の確認をした際、“(情報を)広めていただき、大変助かる”といった感謝のお言葉をいただきました。これ以外にも社会課題の解決に向けて、当社が出来ることを検討してまいりたいと思います。社員一丸となって、新型コロナウイルス感染拡大の防止と生活必需品となる清涼飲料水の製造、販売の事業を継続するべく、施策を進めてまいります」としている。
 
今回の画期的な取り組みは、「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する」という同社の理念によるもの。ただ、自治体からの新型コロナ対策の情報発信の場が少ないことが課題となっていることが判明したため、今後は他の企業サイトでの広がりにも期待したい。
 
◆コカ・コーラ ボトラーズジャパン 特設ページ「Together! 今日も、待っていてくれる人がいる」
https://www.ccbji.co.jp/business/together/