キリンビバレッジは7月6日、ソシエテ・デ・ゾー・ド・ボルヴィック社との製造委託契約終了に伴い、輸入ミネラルウォーターブランド「ボルヴィック」について、2020年末をもって出荷を終了すると発表した。

キリンビバレッジは、2003年2月より「ボルヴィック」の販売を開始し、2008年のピーク時には1616万箱を販売していた。現在、同社は「ボルヴィック」の330ml、500ml、1500mlのペットボトル製品を販売している。

今後、キリンのミネラルウォーター事業は、国産の製品を中心に展開するという。