ネスレ日本は、「ネスカフェ」の2020年秋冬戦略を発表し、自宅で充実した時間を過ごしてもらうため、プレミアム製品「香味焙煎」の強化やコーヒーシステムの拡大、そしてカフェのトレンドに合わせたスティック製品の拡充を進めることを明らかにした。これらの施策を通じて、同社が掲げる1日3杯のコーヒー習慣“3Coffee a Day”の実現を目指す。

注目は“レギュラーソリュブルコーヒー”の「ネスカフェ 香味焙煎」を一新すること。豊満な香りで深いコクの「ネスカフェ 香味焙煎 豊香(ゆたか)」、柔らかな香りでまろやかな酸味の「ネスカフェ 香味焙煎 柔香(やわらか)」(瓶60g/エコ&システムパック50g)の2つの味わいを9月1日から発売することだ。心地よい香りと味わいを最大限引き出すため、最適な焙煎と抽出技術を組み合わせた「香味真空氷結製法」を採用している。

開発にあたっては、ターゲットユーザーへの調査を重ねてコンセプトとパッケージ作成を行い、ロースターで職人が豆ごとに香りが立つ最適な焼き方を研究したという。このほどオンラインで新「香味焙煎」の説明を行ったネスレ日本の飲料事業本部ソリュブルシステム&クリーマービジネス部の出牛誠部長は、「焙煎方法や1000通り以上の豆の組み合わせを試し、いかに特徴である香りを最大化できるかを見出しながら製品化しました」とする。

7月からネット会員向けにモニターキャンペーンを行ったところ好評だったという。エコ&システムパック50gは8月1日より通販で先行販売を開始し、瓶60g/エコ&システム50g両方の全国発売は9月1日からとなる。

スティックミックスでは、「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズ(カフェラテ、カプチーノ、キャラメルマキアート、ロイヤルミルクティー〈各7本入〉、宇治抹茶ラテ〈6本入〉)を9月1日に発売する。既存のスティック製品では満たせないニーズに応え、プレミアムミックスユーザーが求める一杯を提供するねらいだ。
「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズ

「ネスカフェ ゴールドブレンド 大人のご褒美」シリーズと「香り華やぐ ブラックスティック」

 
開発には、“忙しい毎日を過ごす大人にご褒美を”をテーマに、延べ2000人以上のスティックミックス製品飲用者の声を集め、味わい、ネーミング、パッケージデザイン全てにこだわったという。
 
パッケージは、400万以上、4000商品以上の調査データを基に、パッケージ好感度予測の最新AIを活用した。“ご褒美”の名にふさわしい、バラエティカラー、文字のフォントなどを研究したという。
 
レギュラーソリュブルコーヒービジネス部の永田真一部長は、「ターゲットは家事に仕事に忙しい女性です。大人の方へのご褒美として、味わい、ネーミング、パッケージデザインともこだわり尽くした自信作となりました。ご家庭でもカフェのような体験を楽しんでいただきたい」と語る。
 
その他、「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り華やぐ ブラックスティック」(9本入/26本入)を9月1日から発売。爽やかでフルーティな味わいで、ブラックでも飲みやすいと支持される「香り華やぐ」を便利なスティックタイプで投入する。
 
また、ネスレ日本が昨年春から発売しているスターバックス家庭用コーヒー製品は、レギュラーコーヒーから、スティックまで軒並み好調。うち、累計出荷台数330万台超の「ドルチェ グスト」は1-6月累計のレギュラーコーヒーのカプセルの販売金額は、前年比14%増となった。好調要因のひとつはスターバックスのカプセルが“おうちカフェニーズ”にはまったことが大きい。
 
さらに、スティック新製品ではブラックの「スターバックス プレミアム ソリュブル ミディアムロースト」「スターバックス プレミアム ソリュブル ダークロースト」(各7本入)を9月1日から投入する。今後もスタバファンを発掘するために、新製品と季節感のある活動を積極展開する考えだ。

「スターバックス プレミアム ソリュブル」(ミディアムロースト・ダークロースト)

「スターバックス プレミアム ソリュブル」(ミディアムロースト・ダークロースト)

 
在宅勤務の場合、通勤時間の削減などで自由に時間を使える一方で、急なオンライン会議が入る、ランチを食べる時間を逃すなど慌ただしさも生まれるため、簡便性と時短の製品が求められており、ネスレ日本はそのニーズに応えるラインアップを秋冬製品で拡充する。
 
スターバックスCPG&RTDビジネス部の髙岡二郎部長は、「在宅で働いていると時間のリズムが作りにくいので、コーヒーを飲むタイミングを、リズム作りとして活用していただければ。また、昼寝の前にカフェインを含むコーヒーを飲用する“コーヒーナップ”もお試していただきたい」と話している。