ダイドードリンコ株式会社は12月3日、「鬼滅の刃」×「ダイドーブレンド」コラボ缶(鬼滅缶)の販売計画を約1500万本上乗せすることを発表した。

缶コーヒー「ダイドーブレンド」の「鬼滅の刃コラボ缶」は10月5日に発売したコラボ商品で、TVアニメ「鬼滅の刃」のキャラクターをパッケージにデザインしているもの。

デザインは、「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」(12種)、「ダイドーブレンド 絶品カフェオレ」(8種)と、自販機限定「ダイドーブレンド 絶品微糖」(8種)の3商品で、計28種類。パッケージは商品ごとに異なり、主人公の「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」や、9人の「柱」含む鬼殺隊の隊士、炭治郎と因縁のある鬼の首領「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」たちを描いている。各185g缶、税別115円。

商品発売前から話題となっており、ダイドードリンコは、発売から約3週間で販売数量5000万本を突破したことを10月22日に発表している。また、「鬼滅缶」の好調により、ダイドードリンコのコーヒー飲料の販売数量は、10月度単月の本数ベース速報値で前年同月度比149.5%と大幅に伸長。ダイドードリンコによると、購入者からは「箱買いしてしまった」「DyDoのコーヒーは変わらず美味しい」といった声が届いているというなど、大きな反響を見せている。

〈関連記事〉ダイドーブレンド「鬼滅の刃コラボ缶」3週間で5000万本突破、各社の「鬼滅」商品もヒット続々

ダイドードリンコは今回の販売計画上乗せについて、「販売好調を受け、より多くのお客様にお楽しみいただけるよう、販売計画を従来より約1500万本上乗せすることといたしました」としている。

なお、10月16日に公開されたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開45日目の11月29日時点で興行収入275億円を突破し、「タイタニック」を抜いて日本公開映画で歴代興収2位。近いうちに歴代1位「千と千尋の神隠し」308億円を超えて歴代トップの座を獲得する可能性も高く、各社のコラボ商品も大きな話題を獲得している。