日本コカ・コーラは、新ジャンルのフリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ) 緑茶」と「1,2,CUBE 麦茶」を5月19日から、「1,2,CUBE 珈琲」を6月28日からAmazon.co.jpで数量限定発売する。それぞれ1パウチ15粒入りで税別600円。
日本コカ・コーラ「1,2,CUBE」(麦茶・緑茶・珈琲)のキューブ

日本コカ・コーラ「1,2,CUBE」(麦茶・緑茶・珈琲)のキューブ

 
日本コカ・コーラの「濃縮フリーズ製法」(特許出願中)により、素材のおいしさをキューブ1粒に凝縮させ、水やお湯に溶かすだけで本格的な味わいが楽しめる。「濃縮フリーズ製法」は、茶葉や珈琲 豆から抽出したエキスを濃縮・凍結させ、さらに真空状態で氷となった水分を取り除くもの。強い加熱処理がないため、素材本来の香りや味がキューブに残すことができる。また、キューブはミクロの穴が無数に存在する構造のため、水にも簡単に溶かすことができるという。
 
作り方は、キューブ1粒を、緑茶・麦茶は200ml〜400ml、珈琲は130mlの水またはお湯に入れて、軽く混ぜればできあがる。水やお湯の量は好みで調整できる。日本コカ・コーラは、「めちゃくちゃ時短になります。しかもおいしい」などと訴求している。

「1,2,CUBE」使い方

「1,2,CUBE」使い方

 
容器は、環境にやさしい紙素材を使用したパウチを使用している。ベースとなる基材に紙素材を用いることで、プラスチックフィルムを使用したパッケージと比較して、プラスチック樹脂使用量を約13%、CO2排出量を約18%削減できる(同型・同容量のプラパウチとの比較)。個包装の必要がないため、家庭ごみを減らすことにもつながるという。