コカ・コーラシステムは、ショートブレイク(短時間休憩)の新しい形として、「ジョージア ショット&ブレイク ブラック」と「ジョージア ショット&ブレイク 微糖」(各195mlPET/125円税別)を7月5日から発売する。

日本コカ・コーラによれば、働き方や社会の変化により、ショートブレイクの形も変化しているという。キーボードにこぼすことを不安に思う、時間に余裕がなく飲み切れない、電車内では置き場所がないなどの理由から、フタのできない缶コーヒーでは対応しきれない場面が増加しているという。

そこで同社は、缶コーヒー愛飲者が求めるコク深い味わいを、どんなシーンでも楽しめる新しいスタイルとして小型ペットボトル容器の「ジョージア ショット&ブレイク」を発売する。

一般的なボトル缶タイプよりも小容量で、コーヒーユーザーから受容性の高いペットボトルの容器を採用。185g缶コーヒーと同等のコンパクトな飲みきりサイズにより、手軽に気分転換できることが特徴だが、フタがあるため鞄に入れて持ち運べたり、飲み残しや倒して中身をこぼす心配がない。移動中のちょっとした隙間時間やデスクワーク中にも安心して味わえる。あらゆるシーンでちょっとしたコーヒーブレイクを楽しむことができる提案だ。

日本コカ・コーラ社コーヒー事業部の坪根秀史さんは、「約2年前から開発に着手してきました。ブラックは深煎り焙煎豆の凝縮したコク、微糖はエスプレッソの凝縮したコクがあり、本格的な味わいが楽しめます。缶コーヒーユーザーのショートブレイクの機会を広げるペットボトルとして展開していきます」とした。

なお、発売日から山田孝之さんが出演する新TV-CM「登場」篇を全国で放映するほか、デジタル広告やSNSキャンペーン、自販機やCVSプロモーションを展開する。小型ペットコーヒーの新アイテム誕生を広く伝える考えだ。