サントリー食品インターナショナルは、「クラフトボス」の新たなラインアップとして、「クラフトボス 抹茶ラテ」(500mlPET/税別170円)を8月17日から全国発売する。

中味は、本格的な抹茶の香りを楽しめるよう石臼挽き抹茶などの国産抹茶を使用し、さらに抹茶と相性のよいクリーム原料を使用して濃厚で上品な乳の甘みが特徴となっている。濃厚な味わいながらも、抹茶が香る爽やかな後口で、飲み続けられる味わいという。

パッケージは、“和”特有の落ち着きを感じさせる緑と白の格子柄を採用。パッケージ正面に「石臼挽き抹茶」と記してすことで、中味のこだわりを伝える。また、ほっと一息つけることを伝える「憩」という文字の落款をデザインした。

抹茶ラテは、もともとカフェショップなどで人気の高いメニューであり、3月にコカ・コーラシステムがお茶ブランドから「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」(440mlPET他)を発売したところ、幅広い世代から支持され、品薄状態となった。今回、サントリーのコーヒーブランド「「クラフトボス」からの抹茶ラテの提案が、どのように市場から受け止められるか注目される。

〈関連記事〉「綾鷹」がカフェユーザーに接近、「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」発売、監修は老舗茶舗とカフェ専門店/コカ・コーラ