味の素AGFは8月3日、10月1日納品分より、家庭用レギュラーコーヒー14品種と、通信販売限定レギュラーコーヒー26品種の価格改定を実施すると発表した。今回の価格改定により、対象商品の店頭価格の上昇幅は約20%程度とみられる。

〈関連記事〉UCC上島珈琲がレギュラーコーヒー価格改定、生豆相場高・円安と物流費高騰が影響、9月から想定店頭価格20%上昇へ

背景として、2021年2月より上昇を続けているコーヒー生豆国際相場が、世界のコーヒー消費量が堅調に拡大し続けている一方で、生産国ではその需要に応えるだけの供給体制が整っておらず、需給バランスが崩れていることが大きな要因という。

また、ポストコロナで経済活動が順次再開することによる需要の回復も見込まれ、今後についても当面は高値相場が継続するものと考えられる。さらに、円相場も円安傾向を強めており、原料を輸入に頼るコーヒーにとっては大きなコスト増加の要因となっているとする。

AGFは、「これまであらゆる取り組みを重ねることで価格の維持に努めてまいりましたが、企業努力だけではコスト上昇分を吸収することは極めて難しく、価格を改定せざるをえない状況となりました。これからも安全で高品質な商品をご提供すべく一層努力してまいります。ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます」としている。

なお、コーヒー業界では、生豆の相場高、円安と物流費高騰などで、レギュラーコーヒーの値上げの動きが相次いでいる。UCC上島珈琲は9月1日から、家庭用レギュラーコーヒー約40アイテムでメーカー出荷価格の改定を実施し、小売店の実質店頭価格は20%程度上昇する見込み。業務用レギュラーコーヒーも、9月から納入価格を順次改定するとしている。

【AGFの価格改定の対象商品(10月1日納品分〜)】
〈家庭用レギュラーコーヒー〉

▽「ちょっと贅沢な珈琲店」レギュラー・コーヒー 260g/280g/300g/320g各種
▽「マキシム」レギュラー・コーヒー マスターおすすめのブレンド 260g各種
▽「ブレンディ」レギュラー・コーヒー やすらぎのカフェインレス 150g

〈通信販売限定レギュラーコーヒー〉
▽「ちょっと贅沢な珈琲店」レギュラー・コーヒー 1000g各種
▽「ちょっと贅沢な珈琲店」レギュラー・コーヒー ドリップパック 40袋/100袋各種
▽「ちょっと贅沢な珈琲店」レギュラー・コーヒー プレミアムドリップアソート 42袋
▽「ブレンディ」レギュラー・コーヒー ドリップパック 30袋/54袋/100袋各種
▽「煎」レギュラー・コーヒー プレミアムドリップ 5袋/12袋/20袋/720袋各種
▽「煎」レギュラー・コーヒー 水出し冷涼珈琲 6袋
▽AGF プレミアムドリップ ドリップオンザワールド 20袋各種
▽AGF ワークデザインコーヒー ドリップコーヒー いきぬき 30袋/30袋収納BOX付