力の源ホールディングスが運営するラーメン専門店「一風堂」監修の缶スープ飲料が、JR東日本の駅内自動販売機に登場する。商品名は「コクと旨味の一風堂とんこつラーメンスープ」。内容量190g、税込150円。

【関連記事】Suicaのペンギンクリスマスケーキ2021、ホテルメトロポリタン公式サイトで予約開始/JR東日本ホテルズ

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーが10月12日、オリジナル商品ブランド「acure made(アキュアメイド)」から発売するもの。「一風堂」の看板メニュー「白丸元味」をイメージした缶スープ飲料。具材や麺は入っていない。まろやかなコクがありつつなめらかでクセがない一風堂のとんこつスープを、缶スープ用に飲みやすくアレンジしたという。
一風堂「白丸元味」

一風堂のラーメン「白丸元味」

 
“エキナカ自販機”「acure(アキュア)」で温かい飲料として販売するほか、「アキュア公式オンラインストア」「一風堂オフィシャルオンラインストア」などによるオンライン販売も実施する。「一風堂」店舗での販売予定はない。
 
一風堂の担当者によると、利用客から「スープだけの販売もしてほしい」とリクエストを受けていたこともあり、今回、初めて缶スープの開発に携わることに挑戦した。
 
店舗で提供するとんこつラーメンのスープと、缶で飲んで美味しいとんこつスープは“やはり別物”と捉え、油の量を減らして飲みやすくしたり、塩分濃度もラーメンと同様にしてしまえば塩辛くて飲みにくいので少し濃度を下げたり、缶で飲んでバランスが良い味に仕上がるよう調整している。一風堂は、「飲んだ時にホッと心安らぐような味わいに仕上げておりますので、お仕事や学校帰りに駅内で購入するなどして、気軽に一風堂気分をご堪能ください」などとしている。
 
なお、JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーでは近年、アキュアの自販機では缶スープのラインナップを充実させており、夕方から夜の時間帯にかけて売り上げを伸ばしている。
 
エキナカの缶スープカテゴリーの2019年~2020年売り上げは、2015~2016年と比べると10%以上増加。コロナ禍の2021年においては、オフピーク通勤により鉄道の利用時間が分散化しており、帰宅時間が遅くなることによるエキナカでの「夜軽食ニーズ」がさらに高まると予想しているという。

スープ飲料とミネラルウォーターの時間帯別購入本数構成率比較(JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー)

スープ飲料とミネラルウォーターの時間帯別購入本数構成率比較(JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー)

 
アキュア自販機では多様なラインナップで“選ぶ楽しさ”の提供を目指しており、過去に発売したスープ飲料には、コーンスープ系などの定番以外に、「旨辛麻婆スープ」「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」などがある。
 
【関連記事】エキナカ自販機「アキュア」に「旨辛 麻婆スープ」、大豆そぼろ入りで飲み応え、後味すっきりで水いらず

acure made「旨辛麻婆スープ」「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」

acure made「旨辛麻婆スープ」「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」

 
今回の新商品「コクと旨味の一風堂とんこつラーメンスープ」の飲用シーンについて、JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーは、夕方から夜の遅い時間にかけての、「そこまでがっつり食べたくない、スープ程度の重さがいい」というような「夜軽食ニーズ」を見込んでいる。
 
◆一風堂オフィシャルオンラインストア