コカ・コーラシステムは1月17日、コーヒー「ジョージア」の新ブランドキャンペーン「あなたが輝く一杯を。」を全国で開始する。

新テレビCMは同日から、山田孝之さんを引き続き起用した「宣言」篇を全国放映する。

「ジョージア」は、2014年から“世界は誰かの仕事でできている。”のキャンペーンで、働く人々を元気づけるブランドとして展開してきたが、今回、生活者の変化を捉えて「あなたが輝く一杯を。」に変更した。働き方やライフスタイルが多様化し、選択肢の多い時代だからこそ、「人はおいしいコーヒーを片手に、自分自身と向き合う時間を持つことで自分の中の気持ちに気づき、前に一歩踏み出すことができる」と考えたためとする。

日本コカ・コーラ社コーヒー事業部の河合英栄事業部長は、ジョージアのキャンペーンについて次のように語る。「これまでは働く人たちをサポートするイメージがすごくあった。だが、社会環境などが変化し、現在は働くといってもサラリー(給与)を稼ぐことだけが全てではないと捉える人が増えている。主婦の方がおうちで家族の面倒をみる、学生の方が勉強をするというのも、働くということのひとつだろう。われわれは働くということをもっと拡大解釈している」。

新キャンペーンを展開することについては、「生活者の方々の選択肢が多くなり、何が正解なのかわからないといった時に、(おいしいコーヒーを飲んで)本当の気持ちに向き合い、何か一歩踏み出しましょうということが、今の時代により即したブランドのメッセージであり、“ジョージア”としてできることではないか」と考えたという。

2022年の新製品では2月21日、缶コーヒー「ジョージア ブラック」(185g缶/115円)を発売する。

さらに、2021年から好調を続けるボトル缶コーヒーの「ジョージア 香るブラック」(400mlボトル缶)と、小容量PETコーヒーの「ジョージア ショット&ブレイク ブラック」(195mlPET)も香りを高める技術を導入してリニューアルし、各カテゴリーでブラックコーヒーの強化を行う。

「ジョージア ブラック」は短時間の気分転換に向けたブラック。缶コーヒーの新定番品として育成する考えだ。キャンペーンの刷新と、ブラックを中心とした製品の品質向上により、ブランド価値の強化を図り、コーヒー専門ブランドとしてコーヒー飲料市場の活性化を目指す。

日本コカ・コーラによれば、ブラック缶コーヒーは、他のフレーバーに比べて1人当たりの購入頻度が高く、また、マルチパックやケースで購入される割合が高い。仕事だけでなく、日々の様々な生活シーンで飲まれているため、同製品は5缶・6缶のマルチパックも展開し、ブラックコーヒーユーザーのまとめ買いニーズにも応えるという。
コカ・コーラシステム「ジョージア ブラック」(185g缶、5缶マルチパック)

コカ・コーラシステム「ジョージア ブラック」(185g缶、5缶マルチパック)