サントリー食品インターナショナルは3月22日から、北海道限定で「ビッグボス カフェオレ」(350g缶/税別115円)を再発売する。

【関連記事】新庄剛志ビッグボス、日本ハムグループのコーポレートアンバサダーに就任

「ビッグボス」は缶コーヒー「BOSS」の新商品として2018年に初登場し、翌2019年にシリーズの新たなラインアップとして「ビッグボス カフェオレ」を発売。シリーズを共通してコクがありながらすっきりとした後味で“たっぷりゴクゴク飲める缶コーヒー”として多くのユーザーに愛飲された。「BOSS」ブランドの新商品開発やマーケティング活動などの総合的な判断から、2020年に販売を終了したが、2021年になって、SNSを中心に多くのユーザーから「また飲みたい」「復活して欲しい」という声が多数あったという。

そこで、サントリー食品インターナショナルは“熱い要望”に応え、シリーズの中でも特に好評だった「ビッグボス カフェオレ」を北海道限定で再発売することを決めたという。

なお、「BOSS」Twitter公式アカウントでは2021年11月5日(プロ野球・北海道日本ハムファイターズ新庄剛志監督の就任翌日)、かつて発売されていた「ビッグボス」の商品画像を出しつつ『時代が早かったのかな。。。#もう売ってません #BIGBOSS』と投稿しており、「北海道限定でも復活を」「顔を新庄さんにして発売を」と再発売を望む多数の返信があった。