良品計画は、“食”領域にフォーカスした世界旗艦店「無印良品 銀座」および日本初の「MUJI HOTEL GINZA」を19年4月4日、東京・銀座の並木通り沿いに開業する。また、01年に開業していた世界旗艦店「無印良品 有楽町」は今年12月2日に閉店する。

〈関連記事〉・無印良品 「素材を生かした世界のごはん」など冷凍食品50品展開 、化学調味料不使用・中身が見えるパッケージ

「無印良品 銀座」では、「食」に関する商品・サービスをこれまで以上に拡大することで、都市生活者が見落としがちな生産者・生産現場に想いをはせ、食べ物と人との関係を再度見つめ直すきっかけとなることを目指すという。

より具体的には、東京近郊の農家との繋がりによる産地直送をテーマとした青果、ジュースやデザートの販売を1階フロアで行い、その場で食べられるカウンターを設置。お茶の量り売りなどのサービスを導入する。

同店の食品取扱について松﨑曉社長は「直営店であり、有楽町で実績のある産地と直接繋がった農水産物等を扱う。(提携企業と共同運営する)北花田のようにフルラインで食品を扱うスーパーマーケット型とは異なる」とした。

また、「素の食」をテーマとするレストラン「MUJI Diner」を地下1階で展開。サラダカウンターや旬の魚介、肉料理、ジビエなど使った一品料理を用意する。「MUJI HOTEL GINZA」は、「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、ちょうど良い価格でよく眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地を繋げるサービスを提供するという。日本初開業で、中国の深セン、北京に続く3カ所目となる。

「無印良品 銀座」は地下1階、地上6階の7層とし、レストラン「MUJI Diner」(118席)を地下1階設置。「MUJI HOTEL GINZA」は6階にフロントを設置し、7~10階で79部屋の客室を提供する。また、6階に44席のレストランを設ける。

両施設の所在地は東京都中央区銀座3丁目103。

〈冷食日報 2018年10月5日付より〉