〈フタとストローにはバイオマスプラスチックを配合、環境に配慮〉
セブン&アイ・ホールディングスは、セブン&アイグループのPB(プライベートブランド)「セブンプレミアム」の定番チルド飲料「セブンプレミアム カフェラテ」シリーズをリニューアルし、全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル等のセブン&アイグループ約21,400店(2019年6月末現在)で、7月16日から順次、販売している(セブン-イレブン以外は7月23日発売)。

「セブンプレミアム カフェラテ」シリーズは2009年に発売し、昨年9月には、スタイリッシュで鮮度感のあるクリアカップを採用し、さらに販売が伸長している人気商品。

今回のリニューアルではコーヒー豆の使用量をアップし、従来同様の“トリプル焙煎”で香りやコクを引き出した。さらに、味わいに合わせて採用している2種の抽出方法を見直し、苦みを抑えることで、生乳とのバランスが良く、コーヒーの香りが際立つカフェラテに仕上げた。香料・乳化剤は不使用。フタとストローの素材の一部にはバイオマスプラスチックを配合し、環境にも配慮した商品として展開する。

〈「セブンプレミアム カフェラテ」シリーズ商品概要〉
◆「セブンプレミアム カフェラテ」(240ml 税別138円/300ml 税別168円)
挽きたての豆をじっくりネルドリップ抽出し、たっぷりの生乳を合わせた、生乳比率50%の贅沢なカフェラテ

◆「セブンプレミアム カフェラテ ダブルクリーミー」(240ml 税別138円)
丁寧にネルドリップ抽出したコーヒーに、生乳と生クリームを加え、クリーミーなミルクの味わいが楽しめるカフェラテ。隠し味にはちみつを加えることで、ミルクの甘い香りが引き立つ仕立て。

◆「セブンプレミアム カフェラテ ビターショット」(240ml 税別138円)
シリーズ中、コーヒー豆の使用量を一番高め、エスプレッソ抽出にすることで、コーヒーのビターな味わいを引き出した「ビターショット」。