セブン&アイ・ホールディングスは、10月25日より全国のヨークマート、イトーヨーカドーの各店(2019年10月末現在237店舗)において、環境負荷低減の取り組みとして新たな「ポリエチレン袋」を順次導入すると発表した。 

これは、食品売場にある袋詰めをする台に設置されている、鮮魚や精肉パックなどに使用する「ポリエチレン袋」の大きさ・厚さを見直すことにより、従来の仕様より石油由来原料のプラスチック使用量を10%削減するもの。 

ヨークマートでは10月25日から、イトーヨーカドーでは11月から順次導入される予定。 

この取り組みにより、年間でプラスチック使用量を約26トン削減(237店で全量を変更した際の削減量)できるという。また、1ロールのポリエチレン袋の入り数を、従来の2,800枚から3,000枚に増やして納品回数を減らすことにより、配送トラックが排出するCO2も削減できる。さらに、補充頻度低減により従業員の作業効率を改善できるとしている。