セブン-イレブン・ジャパンは、「セブンカフェ」用のストローを環境配慮型の素材に変更し、11月5日から全国のセブン-イレブン21,010店(2019年9月末現在)で、順次導入する。

北海道・北陸・関西・中部・四国・九州・沖縄の約1万店では、100%植物由来で、生分解カネカ社の生分解性バイオポリマー「PHBH」を採用したストロー。これは8月から高知県内のセブン-イレブン店舗で試験導入していたものを拡大する。

残る首都圏・関東近郊・東北の約1万1000店では、FSC認証を取得した環境に優しい紙製ストローに切り替え、セブン-イレブン全店で、石油由来のプラスチック製ストローの配布量削減に取り組み、「セブンカフェ」の環境対応を推進していく。