ローソンは1月28日、砂糖を6割増加させてリニューアルした「悪魔のコーヒー II」を発売した。180ml、税込178円。

「悪魔のコーヒー」は第1弾を2019年8月に発売している。深煎り焙煎の香り豊かなコーヒーに、甘い練乳を“思いっきり”注入し、脂質と糖分とカフェイン量を追求してやみつきになる味わいに仕上げている。消費者からは「悪魔的にハマる!」「クセになるおいしさ!」などの好評を受けた一方、「“甘すぎる”という割にはそこまで甘くない」という感想もあったという。

今回の第2弾では、より甘さを求める要望に応え、砂糖の量を約6割増加。“さらに甘くなった” 「悪魔のコーヒー II」として展開する。

パッケージは、「さらに甘くなった」ことを、ローソンの悪魔のおにぎりなどにも登場するキャラクター「悪魔出狸君(あくまでたぬきくん)」が甘党支持者に訴える“選挙ポスター風”(全5種類)になっている。