ローソンは3月10日から4週連続で、新感覚スイーツの新作を発売する。10日からはスイーツの王道「ブリュレ」「スフレケーキ」を発売。24日からは「バスチー」発売1周年を記念したスペシャルなバスチーを発売する。

10日発売の「パリとろ -パリとろブリュレ-」(285円、以下全て税込価格)と「ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ-」(240円)は、専門店の味を目指し、異なる2つの食感が楽しめるのが特徴。

両品ともに専門店が提供する手作りや作り立てならではの食感を、コンビニ商品として再現するために試行錯誤を繰り返し、開発まで1年の期間を要している。

◆「パリとろ -パリとろブリュレ-」
専門店では提供直前にバーナーで炙ってカラメルのパリパリを出すが、コンビニ商品としては時間が経つと、カラメルがブリュレの水分を吸ってパリパリ感がなくなってしまう。「パリとろブリュレ」は、「カラメルとブリュレの間にホワイトチョコを挟んでみたが、ブリュレ本来の食感とは程遠かった」(東條仁美商品コンセプト開発部シニアマーチャンダイザー)とし、試作品は200個にものぼったという。

カラメルの配合を工夫し、1枚1枚高温で焼き上げ、生地との間に空間を作ることでパリパリ感を維持できるようにした。下のブリュレは北海道産生クリーム・牛乳・バニラビーンズを使用して、低温で湯煎焼きにすることで、とろっとした食感を出し、2つの食感が楽しめるようにした。
ローソン「パリとろ -パリとろブリュレ-」

ローソン「パリとろ -パリとろブリュレ-」

◆「ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ-」
「従来の量産型スフレは、メレンゲとチーズ生地を混ぜて焼き上げるので気泡が均一になり、しゅわしゅわ感がなく、作りやすさとふわふわ感を重視したものだった」(吉田祐子商品コンセプト開発部チーフマーチャンダイザー)。
 
「ふわしゅわスフレ」は、メレンゲとチーズ生地を別々に泡立て、最後に合わせて焼き上げることで気泡を不揃いにし、じっくり湯煎焼きにすることで、空気を逃さずに気泡を残した。「しっかり焼くことで、表面に割れ目がでるようにして、より専門店のものに近づけた」(吉田氏)。

ローソン「ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ-」

ローソン「ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ-」

◆「クキ3シュー -クキクキクッキーシュー-」
17日から発売する「クキ3シュー(クキサンシュー) -クキクキクッキーシュー-」(税込み200円)は、クッキー生地で包んだシュークリームで、クリームの中にもクッキーを入れることでザクザクとした食感を出した。

ローソン「クキ3シュー -クキクキクッキーシュー-」

ローソン「クキ3シュー -クキクキクッキーシュー-」

◆「マウントプリンバスチー -バスク風チーズケーキ-」
24日発売の「マウントプリンバスチー -バスク風チーズケーキ-」(380円)は、しっとり濃厚なバスチーの上に、甘さ控えめのプリンを乗せ、ホイップクリームと砕いたアーモンドをトッピングした。「1周年を記念したスペシャルなバスチー」(吉田氏)になる。

ローソン「マウントプリンバスチー -バスク風チーズケーキ-」

ローソン「マウントプリンバスチー -バスク風チーズケーキ-」

◆「ミチプー -ミッチリプリン-」
31日発売の「ミチプー -ミッチリプリン-」(240円)はチーズケーキとパンナコッタを合わせたようなプリン。マスカルポーネ入りのチーズフィリングと北海道産生クリームを加え、みっちりと濃密な食感に仕立てた。

ローソン「ミチプー -ミッチリプリン-」

ローソン「ミチプー -ミッチリプリン-」

〈ローソン「新感覚スイーツ」は累計8000万個販売、12カ月連続で前年超えを継続〉
ローソンは2019年3月発売の「バスチー」「ザクシュー」を皮切りに、「サクバタ」(2019年6月発売)、「とろチ~」「とろテ~ラ」(2019年11月発売)など「新感覚スイーツ」を順次発売している。発売1周年を迎えたバスチーは累計約4100万個、そのほか「どらもっち」(2019年5月発売)は約1700万個、「カプケ」(2019年10月発売)は約1600万個を売り上げ、新感覚スイーツ全体でこれまで約8000万個を販売している。
 
ローソンのデザートの販売額は2019年3月以降、12カ月連続で前年超えを継続しており、「新しく楽しいスイーツを探しに、洋菓子店のように足を運ぶお客様が増えている」(東條氏)という。