株式会社串カツ田中ホールディングスは6月10日から、同社が開発した「串カツ田中の豚串カツ」を、まいばすけっと株式会社が展開するスーパー「まいばすけっと」(東京都・神奈川県の440店舗)で提供する。営業自粛で飲食業界の景気が落ち込むなか、消費者が直接購入できる小売店へ商品提供し、家庭でも手軽に串カツ田中の串カツを食べてもらうことで、新たな客層の獲得を目指す。

まいばすけっとは“近い、安い、きれい、そしてフレンドリィ”の4つのキーワードで店舗を展開しており、利用客に身近な大衆酒場である串カツ田中と多くの共通点があった。今回、まいばすけっとによるコロナ禍の飲食業界を応援する「食べて応援!」の活動提案を受けて賛同した。さまざまな場面で、手軽に串カツを提供できるよう、小売店での販売や店舗でのテイクアウト・デリバリーを含めた販路の開拓や商品開発の強化を行う。
「まいばすけっと」店舗外観

「まいばすけっと」店舗外観

 
「串カツ田中の豚串カツ」(冷凍 1袋豚串カツ5本入り)は、冷凍状態のまま180℃の油で約3分間衣が色づくまで揚げると、串カツ田中店舗で提供している豚串カツが再現できるという。ソースはついていない。税別598円。