ミニストップは7月10日、フローズンフルーツを使用した夏の人気商品“ハロハロ 果実氷シリーズ"から、新たに果肉量を2倍にした「果実氷MEGA(メガ)」シリーズ3品「果実氷MEGAメロン」「果実氷MEGA白桃」「果実氷MEGAいちご」(各518円税別)を、国内全店(2020年6月末現在1973店)で発売した。

「ハロハロ果実氷」シリーズの「MEGAサイズ」発売は今回が初めて。本格化する暑い夏に向けて、身も心も爽やかな気分になりたい人へ向けた重量300g超(カップ込み)のボリュームたっぷりの果実氷を届ける。

「果実氷MEGAメロン」は、氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを通常の2倍使用。マイナス30℃で急速冷凍したフローズンメロンに、甘みがありながらも後味すっきりのメロンシロップをかけた。さわやかなメロンは、新しくなったソフトクリームバニラとの相性が抜群だという。

「果実氷MEGA白桃」は、氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを通常の2倍使用。薄くスライスした白桃に、山梨県産白桃果汁を使用したシロップを加えることで、甘みがありながらもすっきりとした後味に仕上げた。ほんのり桃色の見た目も美しい商品。

「果実氷MEGAいちご」は、氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを通常の2倍使用。ほどよい酸味のあるいちごに練乳風味シロップと「ソフトクリーム バニラ」を組み合わせた。練乳の風味と甘みを増やすことで、いちごの酸味との相性が一層よくなっている。

なお、「ハロハロ」はタガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、フィリピンの代表的なかき氷デザート。「混ぜこぜ」という名の通り、中に入れる食材に特別な決まりはなく、色や食感、味の異なるいろいろな甘いものとかき氷を混ぜながら食べられている。