ファミリーマートは1月12日、「大豆ミート」を使った9種の商品を、全国のファミリーマート約16,700店で発売した。商品によって発売日、発売地域が異なる。

ファミリーマートでは、2017年から『大豆ミート』を使った商品を販売してきた。これまでは、弁当とカウンターフーズを中心に展開してきたが、今回商品ラインナップを拡大し、おつまみとしても楽しめる揚げ豆腐や、軽いランチにも最適なパスタサラダなど全9商品を展開する。

〈同時発売〉ファミマ「あまおう苺ホイップサンド」「あまおう苺のミルフィーユ」などいちごスイーツ・パン5品/ファミリーマート

「チーズとカレーの揚げ豆腐(大豆ミート使用)」は、一口サイズにカットした木綿豆腐を揚げ、チーズソースと大豆ミートを使ったカレーをトッピングしたもの。販売地域は沖縄県を除く全国、306円(以下すべて税別)。

「野菜たっぷり!担担風パスタサラダ(大豆ミート使用)」は、野菜と大豆ミートのピリ辛担担風そぼろがのったパスタサラダ。北海道を除く全国で発売、369円。

「てりやきレタスバーガー(大豆ミートパティ使用)」は、大豆ミートパティを使ったバーガー。てりやきたれは4種の醤油を使っている。沖縄県を除く全国で発売、258円。なお、北海道での発売は1月26日から。

「2種類のトルティーヤ タルタルチキン風・スパイシータコスミート風(大豆ミート使用)」は、大豆ミートの唐揚げを使ったタルタルチキン風と、大豆ミートそぼろを使ったタコスミート風の2種が楽しめる商品。沖縄県を除く全国で発売、369円。

「黒酢香る!大豆ミートと野菜のあんかけ丼」は、大豆ミートの唐揚げと、人参、レンコンなどの野菜を甘めの黒酢たれであえた商品。全国で数量限定販売、510円。

「甜面醤の旨み!ジャージャー麺(大豆ミート使用)」は、大豆ミートを使ったジャージャー麺。甜面醤をきかせた餡(あん)と中華麺を組み合わせ、小松菜、ラー油で和えたねぎ、煎り胡麻、糸唐辛子をトッピングしている。宮崎県・鹿児島県・沖縄県を除く全国で発売、417円。

「濃厚ごまスープ担担麺(大豆ミート使用)」は、大豆ミートのそぼろ炒め、ほうれん草や水菜などをトッピングした担担麺。宮崎県・鹿児島県を除く全国で発売、369円。

「胡麻香る!坦坦春雨スープ(大豆ミート使用)」は、大豆ミートの肉味噌と春雨、5種類の野菜が入ったスープ。たべる「シールド乳酸菌(R)」入り。宮崎県・鹿児島県を除く全国で発売、369円。なお、沖縄県での発売は1月19日から。

「キャベツとチーズの玉子包み焼」は、豚肉の代わりに大豆ミートを使った、1食あたり20g超のタンパク質が摂れる包み焼。沖縄県を除く全国で発売、417円。

ファミリーマートによると、昨今、ライフスタイルの変化やSDGs(持続可能な開発目標)への関心の高まりから、大豆ミートは、環境・健康への配慮、食に対する多様な文化等に配慮した食材として注目され、年々需要が拡大している。畜肉に比べて、水の使用量や温室効果のあるメタンガス発生を削減できるなど環境負荷が少ないという。