ミニストップは3月12日から、「北海道らいでんメロンソフト」(税別250円)を全国の店舗で順次発売する。

ミルク感を抑え、“ひとくち目から最後まで”「らいでんメロン」の芳醇でさわやかな香りを感じられるソフトクリームだという。赤肉メロン特有の甘さや、なめらかな果肉感を再現するため、らいでんメロンピューレを5%配合し、種に近い果肉中心部分の甘さを再現している。コーンまたはカップで提供する。

「北海道らいでんメロンソフト」と同時に、ソフトクリームバニラと合わせた「北海道らいでんメロンミックスソフト」(税別250円)や、各税別100円増しの特盛サイズ「得盛北海道らいでんメロンソフト」「得盛北海道らいでんメロンミックスソフト」も展開する。

ミニストップでは、これまでにも「夕張メロンソフト」「マスクメロンソフト」「静岡クラウンメロンソフト」などメロンソフトを販売してきたが、北海道産の赤肉メロン「らいでんメロン」を使ったソフトクリームは今回が初めて。

使用する「らいでんメロン」は北海道北西部・積丹半島の西側に位置する、岩内郡共和町周辺が産地で、名称は付近の「雷電海岸」に由来する。日当たりがよく、昼夜の寒暖差がある環境で育てられているため、果皮が薄く、肉厚で糖度も高いジューシーな味わいや芳醇な香りが特徴。ミニストップによると、「光センサーを駆使した国内トップクラスの選果施設」で、“糖度”“形状”“ネット”を測定し、個々のメロンの品質のばらつきを最小限にするなど、安定した高品質なメロン栽培を実施しているという。

らいでん青果物生産出荷組合では、この「らいでんメロン」や、メロンと並ぶ“らいでんブランド”の代表的な農作物「らいでんスイカ」の生産に関し、連作による「つる割れ病」防除のためにネギを混植する手法を取り入れ、薬剤使用の抑止を実現。取り組みが評価され、農水省の「第2回 環境保全型農業推進コンクール」で農林水産大臣賞を受賞している。