百貨店「松屋銀座」「松屋浅草」などを展開する松屋は10月13日から、「2021松屋のクリスマスケーキ」の予約を開始する。

【関連記事】コンビニ3社のクリスマスケーキ2021、ローソンは「鬼滅の刃」ファミマは「BT21」「僕とロボコ」セブンは「キンプリ」などコラボ展開

予約はオンラインストアで、10月13日11時から12月15日17時まで受付ける。一部ケーキは、10月1日から「松屋浅草」の店頭または電話で受付けを開始している。引き渡しは、「松屋銀座」8階イベントスクエア特設コーナーで、12月24日・25日の12時~19時に実施する。なお、全国配送に対応したデリバリーのケーキも、6ブランド・8種類を取り揃える(配送日は12月20日~23日、日時指定不可)。

「2021松屋のクリスマスケーキ」では、総点数39ブランド43種類 (うち、松屋限定10点)を取り揃える。前年の25ブランド(松屋限定5点)と比べてラインアップを拡充。平均価格は約6,300円、最高価格は「日本橋 千疋屋総本店」のケーキで27,000円となっている。

松屋はラインアップのポイントとして、「〈1〉クリスマスを家族で贅沢に過ごせるラグジュアリーなケーキ」「〈2〉本格派ケーキを好む人向けのホテルやレストラン、パティスリーケーキ」「〈3〉王道人気のショートケーキ」「〈4〉全国配送可能なデリバリーケーキ」を挙げている。ラインナップ(一部抜粋)は以下の通り。価格は全て税込。

〈1.贅沢なラグジュアリーなケーキ〉
初登場の「NARISAWA特製バニラ生ケーキ“White Christmas”」(10,800円)は、「世界のベスト・レストラン50」入賞や、『ミシュランガイド東京』で2つ星の評価を受けた南青山の高級レストラン「NARISAWA」のケーキ。ミルクのリッチな風味が特徴のソフトクリーム、バニラをふんだんに使ったクリームブリュレ、ミルキーなホワイトチョコレートムースなど、白くて甘い、柔らかいスイーツをまとめたバニラの生ケーキだという。限定70台、サイズは20.5cm×8.5cm×8.8cm。

新登場のザ・リッツ・カールトン東京「ストロベリーショートケーキ」(8,100円)は、しっとりとした甘さ控えめのスポンジとカスタードクリームに、程よい甘さと酸味のある苺を合わせた定番商品。スクエア型でカットしやすいのもポイントだという。限定50台、15cm×15cm。
「NARISAWA特製バニラ生ケーキ“White Christmas”」、ザ・リッツ・カールトン東京「ストロベリーショートケーキ」/2021松屋のクリスマスケーキ

「NARISAWA特製バニラ生ケーキ“White Christmas”」、ザ・リッツ・カールトン東京「ストロベリーショートケーキ」/2021松屋のクリスマスケーキ

〈2.レストラン・ホテル・パティスリーの本格派ケーキ〉
新登場・松屋限定のレストランアラスカ「ベイクドCakeアラスカ~炎のデザート~」(8,640円)は、レストランアラスカ伝統の焼きアイスクリーム“炎のデザート”「ベイクドアラスカ」をケーキにアレンジしたもの。中の「ムース・ア・ラ・ヴァニーユ(バニラ風味のムース)」には、アクセントにダークチョコレートチップを入れている。限定30台、直径15cm。
 
新登場・松屋限定のレ・ストゥディ×ブボバルセロナ「PETTIT PINTXOS CHRISTMAS」(7,560円)は、内幸町のスペイン料理店Lestudiとスペイン発のパティスリーbubo BARCELONAによるコラボレーションケーキ。ピンチョス(小さく切ったパンに少量の食材をのせた料理)をイメージした「クリスマスピンチョスプレート」。スペインのカタロニア(カタルーニャ)で冬に食べられる、アーモンドとさつまいもの菓子“パネエツ”をベースにし、buboのチョコレートやナッツを合わせ独自のアレンジを加えている。限定50セット。

レストランアラスカ「ベイクドCakeアラスカ~炎のデザート~」、レ・ストゥディ×ブボバルセロナ「PETTIT PINTXOS CHRISTMAS」/2021松屋のクリスマスケーキ

レストランアラスカ「ベイクドCakeアラスカ~炎のデザート~」、レ・ストゥディ×ブボバルセロナ「PETTIT PINTXOS CHRISTMAS」/2021松屋のクリスマスケーキ

新登場のザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「ジャージークリームのストロベリーショートケーキ」(6,101円)は、キルシュ酒を使ったシロップに漬けたスポンジに、ジャージー牛の2種のクリーム、いちごとストロベリージャムを合わせ、バランスよく仕上げたという。限定50台、直径12cm×9cm。
 
松屋限定のアンフィニ「ガトー ド ノエル パルファン」(6,264円)は、パティシエの金井史章氏が、2020年に世田谷区奥沢にオープンしたパティスリー「INFINI(アンフィニ)」のケーキ。スペシャリテのパルファンのムースと赤いフルーツで、赤と白のクリスマスカラーにまとめている。子どもにも人気のバニラのブリュレを入れ、食べやすく仕上げたという。限定80台、直径15cm。

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「ジャージークリームのストロベリーショートケーキ」、アンフィニ「ガトー ド ノエル パルファン」/2021松屋のクリスマスケーキ

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「ジャージークリームのストロベリーショートケーキ」、アンフィニ「ガトー ド ノエル パルファン」/2021松屋のクリスマスケーキ

新登場のセイスト「Harmony(ハーモニー)」(6,480円)は、洋菓子世界大会1位の瀧島誠士シェフのチョコレートブランド「セイスト」のケーキ。チョコレートの魅力を詰め込みさまざまな味わいと食感を楽しめるという。限定50台、直径15cm×6cm。
 
松屋限定のトレカルム「オンクチューズ ノエル」(5,616円)は、東京・文京区千石の人気パティスリー「トレカルム」のケーキ。ヘーゼルナッツの香りのダゴワーズに、オレンジのジャムとヘーゼルナッツプラリネのクリームを重ねている。上に絞ったクリームには、フランスのヴァローナ社のチョコレートを使用。限定50台、17.5cm×9cm×3cm。

セイスト「Harmony(ハーモニー)」、トレカルム「オンクチューズ ノエル」/2021松屋のクリスマスケーキ

セイスト「Harmony(ハーモニー)」、トレカルム「オンクチューズ ノエル」/2021松屋のクリスマスケーキ

〈3.王道人気のショートケーキ〉
キャンティ「ノエル・ショート」(4,968円)は、オレンジ蜂蜜を加えたスポンジ生地と、なめらかな生クリームを使ったイチゴのショートケーキ。シンプルな見た目の奥に、素材へのこだわりが隠されているという。限定50台、直径12cm。
 
最高価格の日本橋千疋屋総本店「クリスマスクイーンストロベリーショートケーキスペシャル」(27,000円)は、ふんわりとしたスポンジケーキに上品な甘さのホイップクリーム、千疋屋総本店自慢のジューシーな苺「クイーンストロベリー」を惜しみなく使ったクリスマスケーキだという。限定5台、直径24cm×7cm。

キャンティ「ノエル・ショート」、日本橋千疋屋総本店「クリスマスクイーンストロベリーショートケーキスペシャル」/2021松屋のクリスマスケーキ

キャンティ「ノエル・ショート」、日本橋千疋屋総本店「クリスマスクイーンストロベリーショートケーキスペシャル」/2021松屋のクリスマスケーキ

〈4.全国配送可能なデリバリーケーキ〉
新登場のDeux Ann(ドゥアン)「ガトーショコラ・オ・トリュフ ホワイト・ブラック」(送料別7,020円)は、しっとり濃厚に焼き上げたガトーショコラ生地に、Deux Annの看板商品のトリュフチョコレート「トリュフ・ムニ」を2層のクリームとして挟んだチョコレートケーキ。限定10台、直径12cm×7.5cm。
 
新登場のKURAKICHI(クラキチ)「善兵衛栗マロングラッセモンブラン(X'smas ver)」(送料込6,480円)は、化学肥料を使わない赤倉栗園の“善兵衛栗”をふんだんに使用したモンブラン。善兵衛栗と相性の良い秋田県産ラズベリーの華やかさが味と見た目の魅力を引き立てているという。限定50台、15.5cm×7.7cm×5.5cm。

◆「2021松屋のクリスマスケーキ」オンラインストア(13日11時開設)

Deux Ann「ガトーショコラ・オ・トリュフ ホワイト・ブラック」、KURAKICHI「善兵衛栗マロングラッセモンブラン(Xsmas ver)」/2021松屋のクリスマスケーキ

Deux Ann「ガトーショコラ・オ・トリュフ ホワイト・ブラック」、KURAKICHI「善兵衛栗マロングラッセモンブラン(X'smas ver)」/2021松屋のクリスマスケーキ