ファミリーマートは8月2日から22日までの3週間、「クリスピーチキン」など人気のオリジナル商品20品で「お値段そのまま!!40%増量作戦」を展開する。

【ファミマ「ジュラシック・ワールド」キャンペーン】コラボカップでコーヒー提供、クリアファイル・シール配布やグッズセット抽選プレゼント、“まんまる焼き”発売など順次展開/ファミリーマート

原料や輸送費などさまざまなコストが上昇し、食品の値上げが相次ぐ中、「昨年のキャンペーン終了後すぐ今年の計画に入ったことで(コスト上昇を吸収できるように)対応した」(阿部大地ファミリーマート商品本部商品業務部価格戦略・販売計画グループ兼経営企画本部経営企画部マネジャー)という。2022年は昨年展開しなかったおにぎり、飲料、スイーツを新たにラインアップし、「幅広い人に、いろいろなものを食べていただき、当社の商品を知ってもらえるきっかけになれば」(塩崎大介ファミリーマートマーケティング本部メディア&プロモーション改革推進部長)という。
ファミリーマート「お値段そのまま40%増量」対象商品

ファミリーマート「お値段そのまま40%増量」対象商品

 
価格据え置きで40%増量するキャンペーン「お値段そのまま!!40%増量作戦」は、ファミリーマートが2021年9月1日に創立40周年を迎えたことを受け、昨年8月に初めて展開した。昨年はフライヤー商品で通常時の120%増、サンドイッチで180%増、惣菜で190%増、菓子で170%増と、多くの品目で2倍以上の売り上げを記録した。
 
品目数は昨年同様20品目だが、昨年展開したサラダに代わり、今年は「『コンビニと言えば』というカテゴリーのおにぎり、飲料、スイーツを展開する」(塩崎部長)ことにした。昨年同様1週間ごと、3週に分けて発売し、数量限定で無くなり次第販売を終了する。「昨年の実績があるので、販売期間に欠品しない数量は用意した」(阿部マネジャー)という。昨年の10%増の販売を目指す。
 
第1週(8月2日~8日)に発売するのは、「クリスピーチキン(プレーン)」(160円、以下税込)、「炭火焼きとりももタレ」(108円)、「テリヤキチキンとたまごのサンド」(278円)、おにぎり「直巻明太子マヨネーズ」(130円)、「タルタルチキン南蛮」(398円)、「窯出しとろけるプリン」(158円)、飲料「メガライフガード700ml」(151円)、「素材のおいしさそのままだえんどう豆スナック」「サクサクか~るいチーズスナック」「チョコを味わうコーンチョコ」「深煎りピーナッツのピーナッツチョコ」「なめらかなチョコを味わうチョコビスケット」(各108円)の12品。

ファミリーマート「クリスピーチキン(プレーン)」通常品と40%増量品

ファミリーマート「クリスピーチキン(プレーン)」通常品と40%増量品

ファミリーマート「タルタルチキン南蛮」通常品と40%増量品

ファミリーマート「タルタルチキン南蛮」通常品と40%増量品

 
第2週(8月9日~15日)に発売するのは、「スパイシーチキン」(160円)、コロッケ「ファミコロ」(88円)、「ツナたまごサンド」(238円)、おにぎり「直巻焼しゃけ」(128円)、「大盛おつまみポテト&ウインナー」(480円)の5品。

ファミリーマート おにぎり「直巻焼しゃけ」通常品と40%増量品

ファミリーマート おにぎり「直巻焼しゃけ」通常品と40%増量品

 
第3週(8月16日~22日)に発売するのは、「ハムチーズたまごサンド」(248円)、「ネギ油と黒マー油で仕上げた!チャーシュー炒飯」(398円)、「シュウマイ&甘酢肉団子」(368円)の3品。

ファミリーマート「ハムチーズたまごサンド」通常品と40%増量品

ファミリーマート「ハムチーズたまごサンド」通常品と40%増量品

 
サンドイッチは昨年同様具材を40%増量した。そのほかは全体量を40%増量した。ファミリーマートによると、具材とごはん、塩加減のバランスが必要になるおにぎりの40%増量が最も開発が難しかったという。