管理栄養士・栄養士の活躍をサポートするEatreat(イートリート)は2019年2月8日、「栄養士のための防災食講座」を開催する。

講師は病院・施設給食サービスの大手、日清医療食品で防災担当を務める神戸修氏。熊本地震や平成30年7月豪雨で被災した受託先病院・施設の状況を説明するとともに、備蓄食材の内容や支援実績を詳細に解説する。また、今後起こりうる首都直下型地震や荒川の氾濫時に想定される危険性、平時からの対応についても紹介する。その後、マルハニチロのメディケア営業部の儀間詩織管理栄養士が、「介護食の循環備蓄」について紹介。防災に関するワークショップも開催される。

場所は東京都中央区日本橋のEatreat本社。参加申込はEatreatのホームページ(https://eat-treat.jp/columns/533)まで。申込期限は1月20日。参加費は無料。