企業の福利厚生サービスとして近くの飲食店を社員食堂にできる「どこでも社食」。サービスを運営するシンシアージュ(東京都世田谷区、久木田敬志社長)はこのほど、加盟する飲食店の店舗数が1000店に到達したことを発表した。

同社は2017年7月にサービスを開始。自社に社員食堂の設備を持たない企業でも、近くの飲食店と提携することにより社食環境を実現できることから、従業員の健康的な食生活の実現や社内コミュニケーション活性化、会食時の利用など様々な用途で、IT企業のメルカリやランサーズなど、様々な企業がサービスを採用している。

加盟する主な飲食店は、ワンダーテーブルの「バルバッコア」や物語コーポレーションの「熟成焼肉 肉源」、トランジットジェネラルオフィスがプロデュースするシーフードレストラン「チリンギート エスクリバ」など。

「健康経営や働き方改革などが注目されているが、私共は社食という切り口で企業内の食事環境をより充実させ、働く環境向上の支援をしていきたい」(シンシアージュ)。