メリックスは自粛要請の中で働く企業の社員に向けて、『応援弁当の宅配』の提供を開始した。

見た目や味はもちろん、栄養バランスにもこだわり、中には同社が得意とする薬膳を使用した免疫力アップを考えた弁当もある。喫食者に向けた一言メッセージも魅力の1つだ。「このような状況だからこそ、福利厚生の一環として、会社から社員へ感謝と応援を込めて弁当を届けることにニーズがあると思った。新型コロナウイルス対策を迫られる今だからこそ、安全と安心の食を皆さんに届けたい!」。

同社は、このような取り組みを通じて、食の安全・安心に対する企業のあり方、価値観を見直し、衛生・品質管理を行っている食に関わる事業者を、ネットを通じて紹介したい・応援したいという思いから、新しいサイトを立ち上げた。

WEBサイト「TOKYO FOOD LINK」では、テイクアウトやデリバリーを行う飲食店・生産者の料理や店舗情報などを掲載して地図上にマッピング。同サイトを起点に店舗ホームページにアクセスして、注文や問い合わせを行うことが可能だ。
「TOKYO FOOD LINK」トップ画像

「TOKYO FOOD LINK」トップ画像

 
食の安全性を担保することに重点を置いており、紹介事業者は、
〈1〉HACCPに準拠した衛生管理を実施(または準備)しているか
〈2〉従事するスタッフの健康・身だしなみを毎日チェックし、月次の細菌検査を実施しているか
〈3〉生産者やメーカーと直接交渉し、管理栄養士・調理師が試食したうえで厳選された安全・安心な美味しい旬の食材を調達しているか
――など高い衛生・品質管理基準を満たしている点が特徴。
 
例えば、大豆の産地や品種にこだわり抜いた老舗湯葉専門店が作る「さしみ湯葉」や、大豆にスポーツ栄養学の叡智を詰め込み、しっとり仕上げた小麦粉・香料・保存料不使用の「フィナンシェ」などを紹介しており、上記の安全基準を満たす飲食店・生産者の参加を募っている。「新型コロナウイルスが猛威を振るい、今までの安全・安心が脅かされているからこそ、安全・安心をお届けできる食に関連する事業者様を紹介したい」(メリックス)。
 
◆TOKYO FOOD LINK
https://tokyofoodlink.com