免疫力を高める食品やレシピが注目を集めています。食の情報誌「料理王国」が2020年11月末に発表した「免疫力」に関する意識調査によると、都市圏在住の20〜70代の男女900名に、2019年と比較して「免疫力アップへの意識が高まっているか」を尋ねたところ、53.1%の方が「高まっている」と回答しました。

新型コロナウイルス(以下、コロナ)の流行により健康への意識の高まりが伺えますが、同調査では意識は高まっていても、具体的な行動ができていない人が30.3%となり、免疫力を高める方法が分からず未行動の方が多くいることもわかりました。

食品産業新聞社では免疫力向上に貢献するレシピと食の情報を広く伝えるため、令和2年12月8日、月刊「メニューアイディア」増刊号2021、「打倒コロナ!免疫力アップレシピ」を発刊しました。

メイン企画は免疫力アップに貢献するオリジナルレシピ集です。旬の食材を活用したバランスの良い「定食」と免疫力アップに効果的な4種の「単品料理」(発酵食品活用、体ポカポカ、ねばねば、ビタミンA・C強化)を紹介しております。

また、女子栄養大学栄養クリニックの蒲池桂子教授に聞く免疫力を高める方法論や、学校・病院におけるコロナ対応事例、そしてコロナ禍でもより良いフードサービスに取り組む給食企業や、それを支えるメーカー・卸、厨房機器の雄姿も掲載しております。レシピと併せご活用いただき、免疫力アップにつなげていただければ幸いです。

〈仕様〉
「メニューアイディア」編集部編、B5判196ページ
2,000円+税(※送料込)

〈内容〉
〇巻頭企画

・女子栄養大学栄養クリニック蒲池桂子教授に聞く、『打倒コロナ!免疫力を高める方法とは!?』
・『ウィズコロナの給食のあり方を考える』名古屋女子大学健康科学部健康栄養学科片山直美教授
・大腸劣化対策委員会によるオンラインセミナー『冬を乗り切る免疫力アップ法 ビフィズス菌×水溶性食物繊維』

〇特集1
健康増進と免疫向上に貢献する食品・サービス・機器

〇特集2
コロナ禍の給食現場(学校・病院)
コロナ禍は、給食現場にどのような影響を与えたのか。そして各現場では様々な課題に対して、いかに対応したのか。各現場の課題を共有いただき、コロナ対応への参考にしていただきたい。
・オンラインで第3回食育シンポジウムを開催『コロナ禍の学校給食からみえた課題を考える』
・ウィズコロナにおけるより良い病院フードサービスを目指して『コロナ感染下における病院対応事例』

〇特集3
コロナ禍と戦うファイターたち

〇特集4
コロナ禍における業界動向と統計資料

〈お問い合わせ・お申し込み先〉
〒110-0015
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階
株式会社食品産業新聞社
電話=03-6231-6091
FAX=03-5830-1570

以下ページのフォームからも購入できます。

◆購読申込ページ