日清医療食品(東京都千代田区、立林勝美社長)は8月10日、栃木市千塚産業団地内に新工場「ヘルスケアフードファクトリー関東」を竣工し、11月から操業を開始する。東日本エリアをカバーする新たな生産拠点として、医療や福祉施設で提供する一般食、治療食を1日10万食の規模で製造・配送する。

日清医療食品は2001年にヘルスケアフードサービスセンター岩槻を建設後、現在では名古屋、九州、京都、亀岡のセントラルキッチンを稼働。2017年には、これまでの最大15,000食を優に超える日産10万食のヘルスケアフードファクトリー亀岡を建設して話題をさらった。

新工場「ヘルスケアフードファクトリー関東」は、病院や介護施設の厨房で行っていた献立作成・発注・検収・下処理・調理等の業務を一手に引き受け、365日にわたり1日3食の食事を大量に製造し、各施設に配送することが可能なセントラルキッチン(集中調理施設)方式の工場。原材料管理や調理工程、搬送工程等の自動化をはじめ、食の品質管理、建物の災害対策などの設備において最新鋭の機能を備える。新工場の概要は下記のとおり。 

【所在地】
栃木県栃木市千塚町1722(千塚産業団地内)

【敷地面積】
24,134.13平方メートル

【延床面積】
22,110.87平方メートル

【操業開始】
2022年11月

【設計管理】
三菱ケミカルエンジニアリング

【施工管理】
古久根建設株式会社

【構造規模】
鉄骨造 地上2階建

【製造商品】
医療・福祉施設で提供する一般食、治療食

【製造数】
約10万食/日