本格的な寒さを前に体を温めるメニューが欲しくなるこの時期、これまでなかった“辛過ぎるうどん”の開発でホットなメニューを提供するのは、トリドールジャパンが運営する「丸亀製麺」だ。10月9日発売の人気メニュー「うま辛担々うどん」(並盛650円)の特別バージョンとして23日、好みの辛さで注文できる「うま辛辛辛辛辛担々うどん」を全店約800店舗で発売する。
「うま辛担々うどん」(オリジナル)

「うま辛担々うどん」(オリジナル)

辛さはオリジナル・1・2・3・4・5・10・20・50・100辛の10段階。特設サイトにあるデジタルチケットの提示で注文できる50辛と100辛は、山盛りの唐辛子が丼ぶりを覆う、激辛マニアも納得すること間違いなしの脳天を突き抜ける辛さだ。

開発を担当したマーケティング部の片田亜希子氏は、「辛い商品へのニーズはかねてからあった。お客様の好みに併せてカスタマイズできる商品の投入は初で、振り切った商品を発売しようと開発したのが、辛さを選べる特別バージョンだ。こだわったのは、単に辛いだけでなく、旨味を感じられる辛さ。デジタル使った施策も実施することで、楽しさも訴求しており、これまで当店に足を運ばなかった客層も呼び込みたい。最高100辛という未知の領域に、ぜひ挑戦して欲しい」と話す。

オリジナル・1・2・3・4・5・10・20・50・100辛の10段階で展開

オリジナル・1・2・3・4・5・10・20・50・100辛の10段階で展開

ごまペーストをたっぷり使用し、濃厚かつクリーミーな担々スープの味わいが引き立つ、やみつきになる辛さが特徴で、隠し味にはうどんに合うよう、かつおの粉を肉味噌に振り掛けた。1~5辛は+30円、10辛は+100円、20辛は+200円、50辛は+500円、100辛は+1000円で注文できる。 50辛と100辛は、「あなたは何辛?『うま辛辛辛辛辛担々うどん』特設サイト」より無料で発券できる裏メニューデジタルチケットの提示でのみ注文可能で、辛さを緩和できる温泉玉子を1個進呈する。販売期間は11月中旬頃までを予定。