辛口チキンに特製はちみつソースをかけ、絶妙な甘辛さが特徴の新感覚チキンを開発したのは、日本ケンタッキー・フライド・チキンだ。同社は1月9日、全国のケンタッキーフライドチキン店舗で、「辛口ハニーチキン」を発売した。

ピリッとした唐辛子の辛さが効いたザクザク食感の衣のチキンに、甘い特製はちみつソースをかけた甘さと辛さの組み合わせの“妙(みょう)”を楽しめるこれまで無かった新商品だ。販売価格は、1ピース税込み270円。

同商品の発表会で、同社マーケティング部部長の中嶋祐子氏は、同商品について次のように語った。「『辛口ハニーチキン』のメインターゲットは、新し物好きの若い女性。クリスマスやお盆期間といったハレの日需要を掴み、ファミリー層を中心に顧客を獲得してきたが、新たな切り口の商品を投入することで、ファミリー層以外の客層の獲得に繋げ、来店を喚起したい」。

「辛口ハニーチキン」の発売に合わせ、1人客からファミリー層、友達同士など、様々な食事シーンで楽しめるセットも発売し、需要獲得を狙う。また、Twitterでは「びみょう?ぜつみょう?キャンペーン」を実施している。KFC公式アカウントをフォローして、告知ツイートから「辛口ハニーチキン」を食べた感想を「♯びみょう」または「♯ぜつみょう」から選んで投稿した人の中から、抽選で100人に、KFCカード1000円分をプレゼントする。

発表会には、「びみょう? ぜつみょう? キャンペーン」にちなみ、“びみょうな芸人”として、紺野ぶるまさん、梅小鉢・高田紗千子さんなど10人の松竹芸人が登場。新商品を一足先に試食した紺野さんは、「甘いものも辛いものも食べたい女性好みの味」とPRするなど、絶妙な味わいを絶賛していた。
発表会には10人の松竹芸人が“びみょうな芸人”として登場

発表会には10人の松竹芸人が“びみょうな芸人”として登場